アニマックス「ストラディバリウスの不協和音 後奏曲」を見ました。

台風が来ますね〜
今のところ、短いスパンで何回かダーッと雨が降る感じ。
そのあと晴れるのに、虹が見えない・・・
二次でも見るか・・・(違)


本放送を見直したいのだけど、なかなか見られないのでアニマックスを先に〜


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 懐かしい話ですね。
> 一部のファンからは死刑になるのかと言う声も
> 大丈夫と言う意見もあるけど
> 悪いけど、そう甘くは…
> 殺され被害者になった三人は酷いのだけど
> 殺人に放火も加わると。
> 情状酌量の余地はあるにせよ…
> 死刑制度が廃止にならない限りは。
> 死刑制度が廃止になったら、代わりに終身刑制度が。
> どのみち 生きて娑婆には出られ無いですね。

そうですね〜。
これで犯人が悪そうな顔のおっさんだったら、きっと何も言われないんでしょうが、探偵甲子園とこれは犯人のキャラに人気がありますもんね〜。
情状酌量と模範囚ということで、何かの恩赦があったら、もしかしたら生きて出てこられるかもしれません・・・
すでに老人になっているでしょうが・・・
懐かしい話ですね。
一部のファンからは死刑になるのかと言う声も
大丈夫と言う意見もあるけど
悪いけど、そう甘くは…
殺され被害者になった三人は酷いのだけど
殺人に放火も加わると。
情状酌量の余地はあるにせよ…
死刑制度が廃止にならない限りは。
死刑制度が廃止になったら、代わりに終身刑制度が。
どのみち 生きて娑婆には出られ無いですね。
こなんちは!

> 設楽調一朗役の大塚周夫さんが亡くなりました。ねずみ男、ブラック魔王、フック船長、ドラゴンボールの桃白白、忍たまの山田先生など、悪人ながらコミカルだったり、厳格ながらも温かい父親的な存在だったり、とても印象的な役が多かった気がします。緑ルパンの五ェ門もこの人でした。

私にとっては初代五ェ門でした。
ねずみ男やブラック魔王は全く意識せずに見てました・・・そうだったのか〜。

山田先生で久しぶりにお名前に気づいたなぁ。
コナンにもたまに出てくださってましたね。

> そんな周夫さんは、横溝兄弟役・大塚明夫さんのお父さん。でも、明夫さんが子供の頃は仕事が忙しく、あまりいい親子関係は築けなかったようです。「夜泣きがうるさくて台本を集中して読めない」と赤ん坊の明夫さんを押し入れに閉じ込めてしまうこともあったとか。
>
> 明夫さんは、「当時のことで思い浮かぶのは母が泣いている姿ばかりで、親父が何を考えているのかわからなかった」と語っています。父親への反発から「誰が役者になんてなるもんか」とまで思っていましたが、なんだかんだあって、いつの間にか周夫さんと同じ役者の道を歩むうちに、少しずつわだかまりはなくなっていったようです。
>
> 後年、飲みの席で周夫さんが「お前には何も残してやれなくてごめんな」と謝ったのですが、明夫さんに「親父にはもう一番大事なものをもらったよ。(親父の)役者の血が入ってるから」と返され、心底喜んだそうです。

この最後の部分だけ、ツイッターで回って来て読みました。
いろいろ乗り越えた明夫さんかっこいいなぁ。
周夫さんがそんなに家庭を顧みないタイプとは思わなかったけど、昔の人だから、さもありなんですね〜。

> そんな2人は、何度か親子共演を果たしているのですが、一番印象的だったのは明夫さんの主演作「ブラック・ジャック」での一幕。周夫さんが演じる医師連盟会長の息子が、マフィアに狙撃されて重傷を負うシーンがあるのですが、この時台本には「息子よ!」という台詞が書かれていたそうです(手塚先生の原作では「せがれ!」)。しかし、周夫さんは「息子をこんな風に呼ぶ父親はいない」ということで、「明夫!」に変えています。ちなみに、この回では内海賢二さん演じる刑事も、自分の息子を「賢太郎(内海さんの息子の名前)」と呼んでいたりします。

良い話ですね〜
役者気質が脚本を変えさせるのに納得です。
手塚先生は、名前を特定したくなかったのか、「父親は息子を名前で呼ぶ習慣が無かった人だった」という表現だったのか・・・

アドリブで自分の息子の名前を入れちゃうなんて、いいなぁ〜♪
内海さんも!
多分、原作よりも父親の人間性がにじみ出たのでは・・・。

> インタビューでもたびたび「(明夫が)感性に生きる仕事を選んでくれて嬉しい」と語っていた周夫さん。これからも、天国で明夫さんを見守ってほしいです。

親子でも声の質は全然似ていませんね〜!
でもどこか懐の深い、情を感じさせる声質や演技の感性は似ているのかも。
周夫さんと明夫さんの深いお話をご紹介くださって、ありがとうございました!!
設楽調一朗役の大塚周夫さんが亡くなりました。ねずみ男、ブラック魔王、フック船長、ドラゴンボールの桃白白、忍たまの山田先生など、悪人ながらコミカルだったり、厳格ながらも温かい父親的な存在だったり、とても印象的な役が多かった気がします。緑ルパンの五ェ門もこの人でした。

そんな周夫さんは、横溝兄弟役・大塚明夫さんのお父さん。でも、明夫さんが子供の頃は仕事が忙しく、あまりいい親子関係は築けなかったようです。「夜泣きがうるさくて台本を集中して読めない」と赤ん坊の明夫さんを押し入れに閉じ込めてしまうこともあったとか。

明夫さんは、「当時のことで思い浮かぶのは母が泣いている姿ばかりで、親父が何を考えているのかわからなかった」と語っています。父親への反発から「誰が役者になんてなるもんか」とまで思っていましたが、なんだかんだあって、いつの間にか周夫さんと同じ役者の道を歩むうちに、少しずつわだかまりはなくなっていったようです。

後年、飲みの席で周夫さんが「お前には何も残してやれなくてごめんな」と謝ったのですが、明夫さんに「親父にはもう一番大事なものをもらったよ。(親父の)役者の血が入ってるから」と返され、心底喜んだそうです。

そんな2人は、何度か親子共演を果たしているのですが、一番印象的だったのは明夫さんの主演作「ブラック・ジャック」での一幕。周夫さんが演じる医師連盟会長の息子が、マフィアに狙撃されて重傷を負うシーンがあるのですが、この時台本には「息子よ!」という台詞が書かれていたそうです(手塚先生の原作では「せがれ!」)。しかし、周夫さんは「息子をこんな風に呼ぶ父親はいない」ということで、「明夫!」に変えています。ちなみに、この回では内海賢二さん演じる刑事も、自分の息子を「賢太郎(内海さんの息子の名前)」と呼んでいたりします。

インタビューでもたびたび「(明夫が)感性に生きる仕事を選んでくれて嬉しい」と語っていた周夫さん。これからも、天国で明夫さんを見守ってほしいです。
こなんちは!

> すっごい雨です、風です。
> 普段は家から都心の夜景がちょっぴり見えるんですけど、な~んにも見えません。
> 航空障害灯(赤く点滅してるやつ)ですら見えない。
> 飛行機危ないぜ(ってとっくに門限越してますがw)

そちらの方は、とにかく雨がすんごかったですよね〜。
大丈夫でしたか〜?

> 虹は会社から見えるポイントがあるんですが、多分ムリね~(w
> そして二次はいつでも見たい(w

虹をホントに見ていないので、寂しいです・・・
二次も最近はあまり見ていないのです〜(時間の使い方がヘタ過ぎるのですー^^;)

> ところで新ちゃんって、たしかにあれだけ音痴って言われてるくせにそーいえば堂々と歌ってますね。いろんな意味で自信家さんですね(爆)
> んでもよくあれで蘭ちゃんにバレないなと感心します。

蘭「この音の外し方は・・・新一っ!?」←見たい〜〜(笑)!!

新ちゃんの場合、両親が何もコンプレックスを感じさせないように育てているような気がしてしょうがないですwww
それで「自信家になる」のかな〜!

> そっか、このあたりは絶賛七つの子祭りでしたね~。
> 蘭ちゃんが驚くほどコナンの顔が険しくなる頃ですね。
> そしてまだ、ほとんど解ってない時期ですね(今もあんまり変わらんがw)

もう何年経ったのでしょうか・・・
いまやスマホになってしまい、プッシュ音など聞かれなくなってしまいました・・・
先生は「七つの子」の伏線をどう回収したかったのでしょう!?
これから、ガラケーで回収するのでしょうか(笑)!?

> そういえばジョディは出てきても他のFBIの面々は本誌でも出てこなくなりました。
> まだ日本にいると思うんだけど少なくともキャメルは。
> それも来年ですかね~?

組織が出れば、きっとFBIも出ますよね〜!
時間経過がはっきりしないからわからないけど、ジョディが帝丹高に来てから2ヶ月以上は経ってますよね〜?
あんな高級マンション、家賃がものすごいはずなのになぁ(笑)!
キャメルは安いところに泊まってるのかな・・・(^^;
こんばんは。
すっごい雨です、風です。
普段は家から都心の夜景がちょっぴり見えるんですけど、な~んにも見えません。
航空障害灯(赤く点滅してるやつ)ですら見えない。
飛行機危ないぜ(ってとっくに門限越してますがw)
虹は会社から見えるポイントがあるんですが、多分ムリね~(w
そして二次はいつでも見たい(w

ところで新ちゃんって、たしかにあれだけ音痴って言われてるくせにそーいえば堂々と歌ってますね。いろんな意味で自信家さんですね(爆)
んでもよくあれで蘭ちゃんにバレないなと感心します。

そっか、このあたりは絶賛七つの子祭りでしたね~。
蘭ちゃんが驚くほどコナンの顔が険しくなる頃ですね。
そしてまだ、ほとんど解ってない時期ですね(今もあんまり変わらんがw)
そういえばジョディは出てきても他のFBIの面々は本誌でも出てこなくなりました。
まだ日本にいると思うんだけど少なくともキャメルは。
それも来年ですかね~?


この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード