コメントお返事 3 灰原センサー考察 すぴかさんへ

灰原センサーの記事にも、興味深いコメントをいただきました。

すぴかさん、ありがとうございました!

ずっと疑問だったことが、なんとなく解消したような気がしています。


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> ご丁寧にお返事いただき、ありがとうございますm(_)m

いやいや、こちらこそご丁寧にご挨拶頂きましてm(_ _)m

> つまり流れとしては、
> 帝丹小内科検診の頃?に「シェリー=灰原」「少年探偵団に灰原がいること」を知る
> →新一の性格からしてコナンは灰原を護る立場にいるだろうから、コナンを尾ければ灰原に辿り着くだろうと踏む
> →コナンがスキーに行くという情報を掴む
> →きっと灰原も一緒だろうと思い、チャンスがあれば灰原を殺すつもりで、わざとバスに乗り合わせた
> ということでしょうか。なるほどなるほど!凄くよくわかりました!

まとめが上手です!!

> 私も、ベルモットが灰原=シェリーだと分かったのはかなり前の方であり、「みぃーつけた♪」は盗聴しているFBIにワザと聞かせるためにやったお芝居だと思っていたので、この流れでも有り得そうですね。

おお!!なるほど〜!!
ワザとかぁ!考えた事がなかったです。
深くよく考えてるなぁ!!

> 実際のところはどうだったのかが説明されることはないでしょうが…
> もしかしてコナンが完結してからもずっと議論が続けられるテーマになるかもしれません。

連載が終了したら、読者からの質問を受け付ける企画をやって欲しいですね!
「青山先生が未回収の伏線を回収します!」ってのを!

> 赤井さんの盗聴シーンは、フルーツを切っていたジョディが博士宅の電話に盗聴器を仕掛けて、それを赤井さんが動作確認をするような感じで聴いていたんじゃないかと、私は勝手に解釈していました。

あれより前は、FBIは新出先生宅にしか盗聴器を仕掛けてなかったですよね??

> FBIが新出先生の車の事故を偽装したあたりのことも、Qきちさんの仰る通りベルモットは薄々勘付いていたかもしれませんね。
> その上で、敢えて乗っかったというか、利用したというか。

そうそう!盗聴されてるのも利用してたし!

> FBIと組織の攻防は、42巻も49巻も58巻もどれも、こっちが仕掛けた罠に相手が嵌まった、と思ったら相手は罠を見越して逆に利用していた、と思ったらこっちもそれを見越して…という感じなのが面白いですよね(笑)
> そしてそれを書いている青山先生が…もう凄すぎて(笑)

ふふふ・・・それをちゃんとわかってくれる、甘ちゃんやすぴかさんをはじめとした多くの読者がいるから、先生もどんどん複雑にしてくださるんでしょうね〜!!
楽しいです♪
こなんちは!
お二人のお話に興味津々のわたしです♪

> 早速、私見ですがお返事です。
>
> コナンがスキーに行く=シェリーも同行するという図式をベルは認識していると思います。
> つまり、ふたりともスキーに行くと事前に解っていた。
>
> ベルはシェリーが単独でスキーをするとは考えないと思います。
> コナン(新一)の性格を十分に把握しているから彼がシェリーを匿っているのを確信しているはずです。
> その所為(薬)で体が小さくなったとしても、初めこそ怒りましたが、すぐに気持ちを切り替えました。
> これはNYの事件と似ていますよね。
> 内容は違えども、コナン(新一)にとってシェリーを護るのは当然のこと。
>
> まあ、実際匿っているのは博士ですが、精神的な面でということで。
>
> 新出医師とコナンは知り合いですから交友関係は簡単に解ります。
> その為になりすましたんですしね。
> 探偵団の面々とキャンプなどを頻繁にしていることを鑑み、スキーはシェリーも同行すると判断するのは容易いことでは?
> コナンは蘭園や小五郎さんとも旅行しますから勿論ハズレも考えられますが、それは歩美・元太・光彦を注視していれば解ります。
>
> とは言え、実行はコナンがシェリーのそばから離れない限り不可能なのでバスに乗り込んだのは「あわよくば」だったかも知れませんが…。

帝丹小1年生内科検診の日

新出「今度は1年B組だね。あれ?一人お休みかな?」
歩美「灰原さん、今日風邪で休みなの!」(まだ"哀ちゃん"呼びじゃなかったよね??)
新出「君は休んだ子と仲がいいのかい?」
歩美「うん。歩美たちいつも一緒だよ!あとコナンくんと元太くんと光彦くんも」
新出「そうか、仲良しがたくさんでいいね」
歩美「あのね、よくキャンプにも一緒に行くし、今度スキーにも行くんだよ!でもねー歩美たちいつもなんか事件に巻き込まれちゃうんだ〜」
新出「それは大変だね!」
歩美「でもねー!いつもコナンくんが解決してくれるんだよ!!」
新出「ええ?そうなのかい?」
歩美「せんせー信じてないでしょ!!コナンくんは大人みたいにすごいんだよ!!」
新出「わかったわかった!信じたよ。で、スキーにはいつ行くんだい?」
歩美「○月△日だよ!」
新出「今度は事件が起きない事を祈ってるよ」(ベルたんのニヤリ顔が背景に浮かぶ)

ってのを考えました〜(笑)!!
ご丁寧にお返事いただき、ありがとうございますm(_)m

つまり流れとしては、
帝丹小内科検診の頃?に「シェリー=灰原」「少年探偵団に灰原がいること」を知る
→新一の性格からしてコナンは灰原を護る立場にいるだろうから、コナンを尾ければ灰原に辿り着くだろうと踏む
→コナンがスキーに行くという情報を掴む
→きっと灰原も一緒だろうと思い、チャンスがあれば灰原を殺すつもりで、わざとバスに乗り合わせた

ということでしょうか。なるほどなるほど!凄くよくわかりました!

私も、ベルモットが灰原=シェリーだと分かったのはかなり前の方であり、「みぃーつけた♪」は盗聴しているFBIにワザと聞かせるためにやったお芝居だと思っていたので、この流れでも有り得そうですね。

実際のところはどうだったのかが説明されることはないでしょうが…
もしかしてコナンが完結してからもずっと議論が続けられるテーマになるかもしれません。

赤井さんの盗聴シーンは、フルーツを切っていたジョディが博士宅の電話に盗聴器を仕掛けて、それを赤井さんが動作確認をするような感じで聴いていたんじゃないかと、私は勝手に解釈していました。

FBIが新出先生の車の事故を偽装したあたりのことも、Qきちさんの仰る通りベルモットは薄々勘付いていたかもしれませんね。
その上で、敢えて乗っかったというか、利用したというか。

FBIと組織の攻防は、42巻も49巻も58巻もどれも、こっちが仕掛けた罠に相手が嵌まった、と思ったら相手は罠を見越して逆に利用していた、と思ったらこっちもそれを見越して…という感じなのが面白いですよね(笑)
そしてそれを書いている青山先生が…もう凄すぎて(笑)
こなんちは!

> お返事ありがとうございます☆

遅くなりまして、すみません!

> 昨日何気に浪速の連続殺人のDVDを見ていたんですが、沼淵初登場でコナンに襲いかかっていたんですね、すっかり忘れてました。
> 平次のお守りの中の鎖に指紋が付いたのもその時でしたね。(どうでも良いけどあんな細いものに付いた指紋で本人が特定できるかという素朴な疑問はずーっとありますがw)
> 小者の癖に重要人物だ(爆

奇跡のような、お約束のような「鎖に刃がはさまって助かった」ネタ!!
あんな難解そうな指紋の鑑定は、見てみたいです〜。
沼淵は登場が少ないのに、なんだか印象に残るキャラですよね〜。

> そうでした、赤井&ジョディは(新出=ベル)って解ってましたね。二元ミステリーでカラクリを話していたのを思い出しました(w
> ありがとうございます☆

あの辺は全部が"伏線と伏線の回収"みたいな重要回でしたよね〜〜!!
もうコナン終わりそうでしたよね!!(笑)

> 赤井秀一の盗聴は当初博士宅と新出宅で彼はコナン・灰原の相関関係を完全に把握していますね。
> 赤黒の時の密約はその事を踏まえて(コナンは言わずとも知っているだろうと判断した)でなければ成功しないし。

赤井はどうやって盗聴器を? 博士?コナン?の何かに入れ込んだのかな・・・

> …と言うことは赤井情報は有希子(&優作)も把握してると考えた方が自然ですかね?
> ひょっとしたら有希子が掴んでいる情報はコナンが掴んだ情報以上かも?否、きっと「以上」だと思う。
> 「なんでも出来ると思っているボウヤ」はベルだけが感じている事じゃなくて両親は当然だし、実際連れ帰ろうとしましたしね…。
> なんだかんだ言って時間をつくり見守っている。

別件だけど、盗一さんと快斗くんのことは、有希子さんが一番よく知ってますよね〜。
シャロンの事も一番よく知ってるし、新一の説に対し「本当にそうなの?シャロン」と思ってるのはとっても意味深な気がするのですが。
赤井に関しては、よくわかりません。

> コナンの姿でなくても坊ちゃん育ちの新一君は17歳の割りに駄々っ子ですしね(www
> 「蘭ねえちゃん怖い」って素でも言えそうだ(爆

ぶはっ!!「何でもできると思っている」新一くんなんですね!

> 哀ちゃんセンサーはわたしはもう発動しないと思っています。
> ベルに対してはね。
> 発動するとしたらジンに対してじゃないかなと思います。
> そうなると、クライマックスになるんですよねぇ…。

なるほど。
ジンに対してのセンサーは、反応がベルモットのときとちょっと違いましたよね〜??
沖やんのときもちょっと違ったし。
発する側の気持ちが違うからかなぁ?

> まあ、ジンへの恐怖はコナンも同程度持っているから、この時は沖矢(赤井)の活躍があると思っていますが…。

ジンと赤井は宿敵だから、ジンと戦うのは赤井なのかな〜。
でも、コナンも1巻からの宿敵だし(笑)。
赤井にへろへろにしてもらって、コナンがとどめを刺そうとするけどジンに捕まって、ライヘンバッハの滝みたいなところで二人が落ちて、コナンだけ助かると!

などと都合のいい展開を妄想しております(笑)!
こなんちは!

> 私は「赤井とジョディに対するベルモットの警戒心のようなものを灰原が感じ取っていただけ、しかも強烈なベルのオーラに隠れてわからないけど、赤井→ベルの殺気も実は感じ取ってしまっていて、余計にプレッシャーが強く感じられていた。ベルと赤井に挟まれて灰原さん可哀相…」だなんて思っていましたが、なるほど、こういう見方もあるのですね!

灰原に向けられたものではなかった、ということですね〜。

> すみません、疑問に思ったことがあるので質問させてくださいm(_)m
> すぴかさんの仰る「何処から入手したのか、スキーに行く事を知り~」というのは、「コナンが」スキーに行く事を知ったのか、「灰原が」スキーに行く事を知ったのか、どちらなのでしょう?

コナンぽいと私は思う〜。

> もし「コナンが」スキーに行く事を知ったということであれば、
> バスに乗り合わせるまでは「まさか幼児化したシェリーもコナン一行と一緒にいるとは思わなかった、コナンを尾けていれば幼児化したシェリーの居場所の手がかりが掴めるかも、という認識程度だった」ということでしょうか?

高確率で「灰原も来る」と思っていたのでは・・・
というか、蘭の持ち物に盗聴器を放り込んで、毛利家を盗聴していたのではないかと思ってます。

> でも、灰原はベルモットがコナンの席に近づくよりも前に、恐らくベルモットがバスに乗った瞬間ぐらいに、センサーを発動させていますよね。
> これはベルモットの殺気やプレッシャーがバスに乗った瞬間あたりから発せられていたということで、
> もしベルモットの殺気が灰原に向けられたものなら、ベルモットはバスに乗った瞬間に(もしかすると乗る前から?)「シェリーがバスに乗っている」と知っていたということになりませんか?
> ベルモットはどのタイミングで、灰原がバスに乗っていると知ったのでしょうか。

毛利家を盗聴した際に「○時○分のバスな。わかった。ああ、灰原も来るってよ」などとコナンが話していたのを聞いたとか♪

> はじめはコナンが窓際に座っていたので、バスの外からは見えなかったと思いますし(見えたかもしれませんが(笑))、
> コナンがバスジャック犯に隠れてイヤリング型携帯電話で電話しようとして犯人に見つかる→「イスの影で見えなかったはず」と考えたり、
> 前方に立っているバスジャック犯の目線で描かれたいくつかのコマでは実際に、コナンはイスの影で見えないようになっているので、乗車時に灰原が見えたのかどうか…

子どもが乗っているかどうかは、窓から外を見ようとしない限り、外からでは高さ的にほぼムリだと思います・・・

> 的外れなことを言っていたら申し訳ありませんm(_)m

とんでもございません!!

> 話は変わって、ベルモットが新出先生に変装していたことは、FBIは確実に知っていたはずです。
> 新出医院に出入りするベルを見たFBIが、このままでは新出先生が殺されると思って、新出先生と家族が乗る車がベルの目の前で海に沈むように偽装しましたから。

ですね!!

> これによってベルモットは自ら新出先生やその家族を殺すことなく、
> また新出家の死を世間に知られないように小細工する手間も省けた、というような印象を受けるので、
> ある意味ベルモットが新出先生に成り済ましていたのは「FBIのお陰」という面もあるかもしれません。あくまで私の主観ですが…。

鋭いベルたんですから、ジョディが種明かしをした時に驚いてはいたけど、実はうすうすわかってたのでは??
でもベルたんの目的は、灰原を探す事と、FBIの動向を知る事だったから、そのままにしておいたのかも。
こんばんは。

早速、私見ですがお返事です。

コナンがスキーに行く=シェリーも同行するという図式をベルは認識していると思います。
つまり、ふたりともスキーに行くと事前に解っていた。

ベルはシェリーが単独でスキーをするとは考えないと思います。
コナン(新一)の性格を十分に把握しているから彼がシェリーを匿っているのを確信しているはずです。
その所為(薬)で体が小さくなったとしても、初めこそ怒りましたが、すぐに気持ちを切り替えました。
これはNYの事件と似ていますよね。
内容は違えども、コナン(新一)にとってシェリーを護るのは当然のこと。

まあ、実際匿っているのは博士ですが、精神的な面でということで。

新出医師とコナンは知り合いですから交友関係は簡単に解ります。
その為になりすましたんですしね。
探偵団の面々とキャンプなどを頻繁にしていることを鑑み、スキーはシェリーも同行すると判断するのは容易いことでは?
コナンは蘭園や小五郎さんとも旅行しますから勿論ハズレも考えられますが、それは歩美・元太・光彦を注視していれば解ります。

とは言え、実行はコナンがシェリーのそばから離れない限り不可能なのでバスに乗り込んだのは「あわよくば」だったかも知れませんが…。

こんばんは~。
お返事ありがとうございます☆

昨日何気に浪速の連続殺人のDVDを見ていたんですが、沼淵初登場でコナンに襲いかかっていたんですね、すっかり忘れてました。
平次のお守りの中の鎖に指紋が付いたのもその時でしたね。(どうでも良いけどあんな細いものに付いた指紋で本人が特定できるかという素朴な疑問はずーっとありますがw)
小者の癖に重要人物だ(爆

は、置いて。

そうでした、赤井&ジョディは(新出=ベル)って解ってましたね。二元ミステリーでカラクリを話していたのを思い出しました(w
ありがとうございます☆
赤井秀一の盗聴は当初博士宅と新出宅で彼はコナン・灰原の相関関係を完全に把握していますね。
赤黒の時の密約はその事を踏まえて(コナンは言わずとも知っているだろうと判断した)でなければ成功しないし。
…と言うことは赤井情報は有希子(&優作)も把握してると考えた方が自然ですかね?
ひょっとしたら有希子が掴んでいる情報はコナンが掴んだ情報以上かも?否、きっと「以上」だと思う。
「なんでも出来ると思っているボウヤ」はベルだけが感じている事じゃなくて両親は当然だし、実際連れ帰ろうとしましたしね…。
なんだかんだ言って時間をつくり見守っている。
コナンの姿でなくても坊ちゃん育ちの新一君は17歳の割りに駄々っ子ですしね(www
「蘭ねえちゃん怖い」って素でも言えそうだ(爆

っと話が逸れました。

哀ちゃんセンサーはわたしはもう発動しないと思っています。
ベルに対してはね。
発動するとしたらジンに対してじゃないかなと思います。
そうなると、クライマックスになるんですよねぇ…。

まあ、ジンへの恐怖はコナンも同程度持っているから、この時は沖矢(赤井)の活躍があると思っていますが…。


こなんちは!

私は「赤井とジョディに対するベルモットの警戒心のようなものを灰原が感じ取っていただけ、しかも強烈なベルのオーラに隠れてわからないけど、赤井→ベルの殺気も実は感じ取ってしまっていて、余計にプレッシャーが強く感じられていた。ベルと赤井に挟まれて灰原さん可哀相…」だなんて思っていましたが、なるほど、こういう見方もあるのですね!

すみません、疑問に思ったことがあるので質問させてくださいm(_)m

すぴかさんの仰る「何処から入手したのか、スキーに行く事を知り~」というのは、「コナンが」スキーに行く事を知ったのか、「灰原が」スキーに行く事を知ったのか、どちらなのでしょう?

もし「コナンが」スキーに行く事を知ったということであれば、
バスに乗り合わせるまでは「まさか幼児化したシェリーもコナン一行と一緒にいるとは思わなかった、コナンを尾けていれば幼児化したシェリーの居場所の手がかりが掴めるかも、という認識程度だった」ということでしょうか?

でも、灰原はベルモットがコナンの席に近づくよりも前に、恐らくベルモットがバスに乗った瞬間ぐらいに、センサーを発動させていますよね。

これはベルモットの殺気やプレッシャーがバスに乗った瞬間あたりから発せられていたということで、
もしベルモットの殺気が灰原に向けられたものなら、ベルモットはバスに乗った瞬間に(もしかすると乗る前から?)「シェリーがバスに乗っている」と知っていたということになりませんか?

ベルモットはどのタイミングで、灰原がバスに乗っていると知ったのでしょうか。

はじめはコナンが窓際に座っていたので、バスの外からは見えなかったと思いますし(見えたかもしれませんが(笑))、

コナンがバスジャック犯に隠れてイヤリング型携帯電話で電話しようとして犯人に見つかる→「イスの影で見えなかったはず」と考えたり、
前方に立っているバスジャック犯の目線で描かれたいくつかのコマでは実際に、コナンはイスの影で見えないようになっているので、乗車時に灰原が見えたのかどうか…

的外れなことを言っていたら申し訳ありませんm(_)m

話は変わって、ベルモットが新出先生に変装していたことは、FBIは確実に知っていたはずです。

新出医院に出入りするベルを見たFBIが、このままでは新出先生が殺されると思って、新出先生と家族が乗る車がベルの目の前で海に沈むように偽装しましたから。

これによってベルモットは自ら新出先生やその家族を殺すことなく、
また新出家の死を世間に知られないように小細工する手間も省けた、というような印象を受けるので、
ある意味ベルモットが新出先生に成り済ましていたのは「FBIのお陰」という面もあるかもしれません。あくまで私の主観ですが…。
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード