「永遠の0」を観てきました。

ロングランですね〜!

ネタバレあります。
これからご覧になる方は読まないでくださいね〜!!

2/18 追記


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 戦後70年ということで、さまざまな形で戦争がクローズアップされていますが、意外なところで戦争の生き証人と出会うことができます。C56形44号機。静岡県の大井川鉄道で保存されている蒸気機関車の1両です。
>
> 実はこの機関車、日本で現役として活躍したのは最初の5年間だけでした。太平洋戦争の勃発により、やや小型ながら長距離運用もこなせるC56形はアジア戦線の足として軍部に目を付けられ、タイやビルマ(ミャンマー)に「出征」することになったのです。44号機は他の仲間達と共に、当時建設中だった泰緬鉄道の主力機関車として送り出されました。
>
> 映画『戦場にかける橋』『レイルウェイ 運命の旅路』の舞台となった泰緬鉄道は、建設工事における過酷な労働環境のために多数の死者を出し、「死の鉄路」とも呼ばれました。また、突貫工事の上に足場の悪い線路で酷使されたため、橋から転落して失われた機関車もあったほどです。やがてビルマ戦線の戦闘が激しくなると、地雷や爆撃で大破したり、追い詰められた将兵が爆薬をボイラーに詰めて機関車もろとも自爆したり……。壊滅状態となった線路には、置き去りにされた機関車達が無惨な姿で横たわっていました。
>
> そんな壮絶な戦場を生き延びた44号機は、タイ国鉄に引き取られ、現地の住民の足として活躍しました。そして1979年に日本へ「帰還」し、現在に至ります。タイへ「出征」したC56形90両のうち、再び祖国の土を踏めたのはたったの2両だけでした(もう1両は靖国神社に展示)。
>
> 戦時中の酷使がたたってボイラーの状態が悪く、他の機関車と比べて力が弱くなってしまったそうですが、今年の夏休みは「きかんしゃジェームス号」として子供達を喜ばせてくれました。帰国した時、車体の至るところが他の出征機関車の部品で修理され、ツギハギのような状態だったという44号機。戦場に散った仲間達の分まで、これからも元気に走り続けることでしょう。

戦後70年!
若い方にとっては歴史の一部分ですよね。
私にとっても歴史ですが、子どもの頃普通に戦争時のお話を目にしていたので、70年と聞くとずいぶん遠くなったなぁと感じます。

戦争中、鉄は家庭のものまで供出させられたそうですから、機関車がそのままの形で出征し戻って来たのは奇跡的ですね。
機関車に目と記憶があったら、つらくてたまらなかったでしょうね。
いま、平和に子どもたちのために走れることが何より一番幸せですね。
仲間たちの部品が44くんの中で生きているというのも胸熱です。

もしかしたらジェイムズも、昔の仲間たちの遺志を背負ってFBIで頑張っているのかも。
昔から組織の怖さをよく知っているから「一網打尽」にしないで「一人づつ確実に」作戦だったのかも・・・
・・・すみません、ついコナンに絡めてしまって。

貴重なお話を教えてくださってありがとうございました!
戦後70年ということで、さまざまな形で戦争がクローズアップされていますが、意外なところで戦争の生き証人と出会うことができます。C56形44号機。静岡県の大井川鉄道で保存されている蒸気機関車の1両です。

実はこの機関車、日本で現役として活躍したのは最初の5年間だけでした。太平洋戦争の勃発により、やや小型ながら長距離運用もこなせるC56形はアジア戦線の足として軍部に目を付けられ、タイやビルマ(ミャンマー)に「出征」することになったのです。44号機は他の仲間達と共に、当時建設中だった泰緬鉄道の主力機関車として送り出されました。

映画『戦場にかける橋』『レイルウェイ 運命の旅路』の舞台となった泰緬鉄道は、建設工事における過酷な労働環境のために多数の死者を出し、「死の鉄路」とも呼ばれました。また、突貫工事の上に足場の悪い線路で酷使されたため、橋から転落して失われた機関車もあったほどです。やがてビルマ戦線の戦闘が激しくなると、地雷や爆撃で大破したり、追い詰められた将兵が爆薬をボイラーに詰めて機関車もろとも自爆したり……。壊滅状態となった線路には、置き去りにされた機関車達が無惨な姿で横たわっていました。

そんな壮絶な戦場を生き延びた44号機は、タイ国鉄に引き取られ、現地の住民の足として活躍しました。そして1979年に日本へ「帰還」し、現在に至ります。タイへ「出征」したC56形90両のうち、再び祖国の土を踏めたのはたったの2両だけでした(もう1両は靖国神社に展示)。

戦時中の酷使がたたってボイラーの状態が悪く、他の機関車と比べて力が弱くなってしまったそうですが、今年の夏休みは「きかんしゃジェームス号」として子供達を喜ばせてくれました。帰国した時、車体の至るところが他の出征機関車の部品で修理され、ツギハギのような状態だったという44号機。戦場に散った仲間達の分まで、これからも元気に走り続けることでしょう。
私も、コナンじゃないけどこなんちは!

>  今日、私も見てきました。父がこういう戦争もの(?)が好きなので、それに付き合わされたのが半分、少し興味あったのが半分でした。

お父さんと映画を観に行かれるんですね〜。
優しい、いい娘さんだなぁ〜。
うちは母娘は今でも行くけど、父娘はいつまで一緒に行ったっけなぁ・・・

>  迫力満点でテレビで見るのと大違い!こういったものは映画館で見るほうが臨場感ましますね(^_^)b そして感動して泣きましたよ!あまりドラマとかそういったもので泣くことないのに涙腺刺激されてもうこらえきれなかった!(さすがに号泣しませんでしたが)

大画面と音響効果は、映画ならではですよね〜。
十代半ばの人でも、同じなんですね〜。なんだかそれも感慨深いです。

>  松乃さんと久蔵さんのやりとり「必ず還ってきます。腕や足が無くなろうと、たとえ命を落とそうと必ず、還ります。」
> もうここでジーンときてしまいました。そして終盤、松乃さんのセリフ「あの人は約束をまもったのです…。」のところも感動でした。

ああ!そのセリフけっこう新一でしたね!
「死んでも帰って来る」って言ってませんでしたっけ?!
でも「名探偵コナン」で、この帰り方をしたらファンは暴動を起こしそうですね(笑)!

「あの人は約束をまもったのです」と、松乃さんが思えるようになるのは、時間がかかったと思うのです。
今の時代とは覚悟とか決意とかのレベルが全然違うけど、人間は時間と仲良くすると、たくましくなれる。

>  そして、大石おじいちゃんの「生き残った人がすべきことは、この国の物語を造っていくことだ。」のセリフが全てを物語っていますね。未来を造っていく私たちへのメッセージをしっかり受け止め、これからを考えていきたいと思いました。

若い人がそう受け取ってくださったのなら、この作品をつくった人たちはとても喜ぶと思います。

うーん!睦月ちゃんのご両親に爪のあかをいただきたいなぁ!!もう遅いけど〜

>  コナンなところ…しいて言うならcoming soonの所に異次元のポスターがはってあったことでしょうか?かなりテンション上がりました\(^O^)/ 公開まであと2ヶ月弱ですね!とても楽しみです!!

お!!貼ってありましたか!(劇場に、ですよね!?)
青山原画のポスターはちょっと前から貼ってあったのですが、アニメ絵のポスターはまだ見ていません。
だんだん暖かくなると、もうすぐだなぁ〜と思います。
今年は寒くてたまらないので、早く暖かくなって映画シーズンになって欲しいです〜!

>  ではこのへんでm(_ _)m 原作、頑張って読もうっと!
> ※セリフはだいたいこんなだったかな?なかんじなので、少し実際と内容が違うかもしれませんm(_ _)m

もうゆったりと原作が読めますね!  
セリフは私よりよっぽどきちんと覚えていらっしゃいますよ!!
比べるのもなんですが、羨ましいです(笑)♪
 コナンじゃないけどこなんちは!

 今日、私も見てきました。父がこういう戦争もの(?)が好きなので、それに付き合わされたのが半分、少し興味あったのが半分でした。

 迫力満点でテレビで見るのと大違い!こういったものは映画館で見るほうが臨場感ましますね(^_^)b そして感動して泣きましたよ!あまりドラマとかそういったもので泣くことないのに涙腺刺激されてもうこらえきれなかった!(さすがに号泣しませんでしたが)
 松乃さんと久蔵さんのやりとり「必ず還ってきます。腕や足が無くなろうと、たとえ命を落とそうと必ず、還ります。」
もうここでジーンときてしまいました。そして終盤、松乃さんのセリフ「あの人は約束をまもったのです…。」のところも感動でした。

 そして、大石おじいちゃんの「生き残った人がすべきことは、この国の物語を造っていくことだ。」のセリフが全てを物語っていますね。未来を造っていく私たちへのメッセージをしっかり受け止め、これからを考えていきたいと思いました。

 コナンなところ…しいて言うならcoming soonの所に異次元のポスターがはってあったことでしょうか?かなりテンション上がりました\(^O^)/ 公開まであと2ヶ月弱ですね!とても楽しみです!!

 ではこのへんでm(_ _)m 原作、頑張って読もうっと!

※セリフはだいたいこんなだったかな?なかんじなので、少し実際と内容が違うかもしれませんm(_ _)m

 
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード