サンデー34号FILE902「妙手」を読みました。

●口絵カラーページ

サンデーS広告

コナンづくし!
クリアファイルいいなぁ。
表紙いいなぁ(既存青山先生絵)

懸賞の賞品の図書カードも、大きくコナン、小さく他のキャラ。
サンデーさん、コナン依存度が高い・・・

次女はマギの方がずっと面白いって言ってるんだけど、売り上げに結びつくのがコナンなのかなぁ。


●次号予告

描き下ろし表紙!!コナンと蘭!!

巻頭!!

20周年記念超大型企画、カラー記事で大発表!必見!
さらに2時間アニメスペシャルやコナン展についても!


 +


シリーズ最終局
ネタバレです!

21:55 追記しました


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> ちょいと思いついた事があったので、忘れる前に書き込もうかと。
> …まぁ、そもそも役に立つかはアヤシイものですが。

いやいや、いつもありがとうございます!!
すごく参考になっています!!

> 日本では、あの黒い鳥を「カラス」を一括りにしますが、実は「カラス」って生物学的には一括りにできるものではないのです。素人目には分かりませんが、「カラスは」2つのグループに分けられます。
> 英語では一方を"Crow"、もう一方を"Raven"と言って区別をつけてます。日本語は…どうなのかは知りませんが(苦)

なんと!?そうなんですか!?
ハリーポッターに出てくる「レイブンクロー」は「カラスカラス」なのかしら!?
・・・「claw 爪」か!m(_ _)m

> そしてこの"Raven"と"Crow"には、「カラス」と言う意味とは別の、マイナーな意味もあります。Ravenは「大量に食べる」と「盗む」。、crowは「自慢する」です。
> で、すごく強引に考えますと:
>  「大量に食べる」→暴食・貪食
>  「盗む」→強欲
>  「自慢する」→傲慢
> という風に解釈出来なくありません。(流石に強引すぎか?)

意味は全部、最近出て来た「七つの大罪」ですね〜!
それにしても、コナン主題歌も歌ってくれた「GARNET CROW」の「CROW」にはそういう意味も含まれているんですね。
RavenじゃなくCrowの方を使ったのは意味があるのかな〜。

> まぁ、RavenとCrowは本来別物ですが、日本だと全て一括りに「カラス」と呼ばれていることを考えると、「カラス」=暴食・強欲・傲慢、と言うふうに意味づけられると思います。
>
> …なんか、組織関係してそうじゃありません?←出すだけ出して後は他力本願
> Qきちさんが「カラスは悪の象徴と神の使い」が使えるかもしれないと仰っていたので、一応書いてみました。

なるほどです。
青山先生がどのくらいご存知で意識していらっしゃるのかわかりませんが・・・
ボスが自虐的に「我々の組織にぴったり!」と名付けたのかしら・・・!?(妄想)

ありがとうございました!!

> そういえば、睦月さんかQきちさんに色々質問を聞かれたので、ついでに答えます。
>
> >日本でのサンデー発売から、どのくらい遅れて英語版が読めるんでしょうか!?
> >サンデーがまるまる1冊英語になっているんでしょうか? (Qきちさん)
>
> 早いと3日ぐらい、遅いといつまでたっても更新されません(苦)
> 有志の方々が訳されているので、更新ペースがまちまちなんでしょう。
> サンデーのどれくらいが訳されているのかは知りません。「コナン」と言うシリーズしか見てないので。
>
> >訳し方によっては青山先生がイメージしていたしゃべり方と違ってしまったりと、本当に先生が伝えたいことがうまく伝わらないこともあるのでは…(睦月さん)
>
> ありますね(笑)
> でもそのためのコナンファンブログ!感想を通して正確なイメージをゲットします(笑)
> ネットって便利♪
>
> >英語訳で暗号がどうなっているのかが見たい!
> >今回みたいな"図形"は訳せないだろうけど・・・(Qきちさん)
>
> 説明すれば分かるもの(歴史や記号)はそのまま載ってます。日本語の単語や、日本限定の概念が関わると注釈が入りますね。これは、アニメでも同じです。
>
> …うぇぇ、超長文すみませんorz
> おかしいなぁ、ちょこっと情報教えて、質問に答えただけなのになぁ;
> 失礼しましたぁ!ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ

おおおおお!!
ありがとうございます!!

青山先生は、コナンの暗号が海外でどう訳されるかを、気にして作ってはいらっしゃらない印象です。
ご自身が、子どもの頃からホームズの暗号を英語のままでも楽しんだから、みたいです。

有志の方が訳してくださっているんですね〜!
お金にならないのに!?

ルリちゃんみたいに日本語がわかる人は、そのまま読みたいですよね〜!
うわぁ!うちのブログで正確なニュアンスが伝えられているかどうか、怪しいです(大笑)!!

本当にありがとうございました!!
またよろしくね〜♪
こなんちは!

> Qきちさん、ルリさん、コメントありがとうございます。
> "A murder of crows."がまだコナンな方々の中で常識でないとしたら、私が新事実を発見かしら!?
> 青山先生、意図的だったらすごいですよね

こちらこそ、ありがとうございました♪
あらたに記事にもさせていただいちゃいました!m(_ _)m

他の有能なコナンファンの方々はわかりませんが、私は初めて知ったので、嬉しかったです♪
青山先生には英語のセリフを考えてくださる方がいらっしゃるのですが、どうなんだろう!?

その方はご存知だったのかな?先生は教わったのかな!?
わかりません〜

> 国際的と言っても、私はだめだめです。
> 1年近く経っても、みんなの英語が全然聞き取れません。
> まずは、テレビが言っていることがわかるようになろうとテレビを見続けましたが、
> テレビの内容が日本と違っていて興味が持てなくて。
> 『日本人の知らない日本語』の本などで、日本で日本語を習っている外国人が、日本のアニメが好きで日本に興味を持って、アニメのセリフとかがすらすら言えるって聞いていたのですが、外国のアニメが苦手な私にはモチベーションにならなくて。しまいに、テレビをつけるのにさえ嫌悪感を感じるようになってしまいました。
>
> そのとき、ふと、ひらめきました。
> コナンの English dubbed があるじゃない。130話も!
> 声がみなみさんや勝平さんでないのは非常に残念ですが。
> コナンなら1日中飽きずに聞けます。興味を持って精聴できます。家事をしながらワイヤレスヘッドフォンで。
> まずは、#78 #79の邂逅あたりから始めて(日本語のアニメと2、3個番号がずれているのですが、さて、何の話でしょう。)
> まだ、日本語で見ていないアニメは、ところどころ聞き取った英語で内容を推理しながら。
>
> するとある日突然、テレビのアナウンサーの言っていることが、随分聞き取れるようになりました。コナン効果です。
> ついでに、英訳コナンで多読にも挑戦。
> そして、スピーキング練習の前はコナンの歌うTruthで発声練習!

このコメントを読ませていただいて、涙が滲みました。
外国で、言葉がわからないのはホントに辛かったと思います。
心が後ろ向きにもなりますよ。

でもrさんはダメダメじゃないです!!絶対に!!

そこでコナンを思い出してくださって、コナンで克服されたなんて、本当に感動です。
コナンのプロデューサーの諏訪さんに教えてあげたいくらい!!

"邂逅"といったら、コナンvsキッドの初対決ですね!
奇しくも、今回アニメで17年ぶりに登場した朋子さんが、初めて出て来たお話ですね〜!

胸がいっぱいになりました。
rさんとコナンの出会いに、外野ながら感謝します。
ひとつ山を越えられたので、もう大丈夫だと思います!

これからは何かあっても、コナンくんがついてるから大丈夫です♪
辛いお話だったでしょうに、教えてくださって、どうもありがとうございました。m(_ _)m
こなんちゃす、ルリです♪
ちょいと思いついた事があったので、忘れる前に書き込もうかと。
…まぁ、そもそも役に立つかはアヤシイものですが。

日本では、あの黒い鳥を「カラス」を一括りにしますが、実は「カラス」って生物学的には一括りにできるものではないのです。素人目には分かりませんが、「カラスは」2つのグループに分けられます。
英語では一方を"Crow"、もう一方を"Raven"と言って区別をつけてます。日本語は…どうなのかは知りませんが(苦)

そしてこの"Raven"と"Crow"には、「カラス」と言う意味とは別の、マイナーな意味もあります。Ravenは「大量に食べる」と「盗む」。、crowは「自慢する」です。
で、すごく強引に考えますと:
 「大量に食べる」→暴食・貪食
 「盗む」→強欲
 「自慢する」→傲慢
という風に解釈出来なくありません。(流石に強引すぎか?)
まぁ、RavenとCrowは本来別物ですが、日本だと全て一括りに「カラス」と呼ばれていることを考えると、「カラス」=暴食・強欲・傲慢、と言うふうに意味づけられると思います。

…なんか、組織関係してそうじゃありません?←出すだけ出して後は他力本願
Qきちさんが「カラスは悪の象徴と神の使い」が使えるかもしれないと仰っていたので、一応書いてみました。

そういえば、睦月さんかQきちさんに色々質問を聞かれたので、ついでに答えます。

>日本でのサンデー発売から、どのくらい遅れて英語版が読めるんでしょうか!?
>サンデーがまるまる1冊英語になっているんでしょうか? (Qきちさん)

早いと3日ぐらい、遅いといつまでたっても更新されません(苦)
有志の方々が訳されているので、更新ペースがまちまちなんでしょう。
サンデーのどれくらいが訳されているのかは知りません。「コナン」と言うシリーズしか見てないので。

>訳し方によっては青山先生がイメージしていたしゃべり方と違ってしまったりと、本当に先生が伝えたいことがうまく伝わらないこともあるのでは…(睦月さん)

ありますね(笑)
でもそのためのコナンファンブログ!感想を通して正確なイメージをゲットします(笑)
ネットって便利♪

>英語訳で暗号がどうなっているのかが見たい!
>今回みたいな"図形"は訳せないだろうけど・・・(Qきちさん)

説明すれば分かるもの(歴史や記号)はそのまま載ってます。日本語の単語や、日本限定の概念が関わると注釈が入りますね。これは、アニメでも同じです。

…うぇぇ、超長文すみませんorz
おかしいなぁ、ちょこっと情報教えて、質問に答えただけなのになぁ;
失礼しましたぁ!ダッシュ!≡≡≡ヘ(*--)ノ
Qきちさん、ルリさん、コメントありがとうございます。

"A murder of crows."がまだコナンな方々の中で常識でないとしたら、私が新事実を発見かしら!?
青山先生、意図的だったらすごいですよね

> 我が家がさらに国際的に!\(◎▽◎)/ ドキドキ

国際的と言っても、私はだめだめです。
1年近く経っても、みんなの英語が全然聞き取れません。
まずは、テレビが言っていることがわかるようになろうとテレビを見続けましたが、
テレビの内容が日本と違っていて興味が持てなくて。
『日本人の知らない日本語』の本などで、日本で日本語を習っている外国人が、日本のアニメが好きで日本に興味を持って、アニメのセリフとかがすらすら言えるって聞いていたのですが、外国のアニメが苦手な私にはモチベーションにならなくて。しまいに、テレビをつけるのにさえ嫌悪感を感じるようになってしまいました。

そのとき、ふと、ひらめきました。
コナンの English dubbed があるじゃない。130話も!
声がみなみさんや勝平さんでないのは非常に残念ですが。
コナンなら1日中飽きずに聞けます。興味を持って精聴できます。家事をしながらワイヤレスヘッドフォンで。
まずは、#78 #79の邂逅あたりから始めて(日本語のアニメと2、3個番号がずれているのですが、さて、何の話でしょう。)
まだ、日本語で見ていないアニメは、ところどころ聞き取った英語で内容を推理しながら。

するとある日突然、テレビのアナウンサーの言っていることが、随分聞き取れるようになりました。コナン効果です。
ついでに、英訳コナンで多読にも挑戦。
そして、スピーキング練習の前はコナンの歌うTruthで発声練習!
こなんちは!

> Hな事はコナンだから。
> 相手が亡くなった奥様を最大に愛していたから。
> 少年サンデー
> 国崎出雲も月光条例も終わって寂しくなりました。
> 将棋の騎士とはまだ、気が付いて無いとは

犯人は、憑き物が落ちたみたいにさっぱりとしていましたね。
チュウ吉がそれだけすごい人物だったという事でしょうね。

苗子が帰り道で由美に言わなかったら、おかしいと思うのですが(笑)。
でもマンガ的には、言ってないんだろうなぁ・・・
こなんちは!

> こなんちは&はじめまして♪
> 同類の方を見つけてしまっていてもったっていられなくなってしまいました、ルリです。
> まぁ、同類と言っても私はアメリカ在住なんですけど…まぁこの際外国ぐらしならばなんでも(笑)

横から勝手にしゃべります(笑)。
我が家がさらに国際的に!\(◎▽◎)/ ドキドキ
(私は日本語じゃないとわからないからね〜!)

> Murder of crowsって強烈ですよね〜(笑)
> コナン界ではカラス=黒の組織、ってわけですし、ある意味murderはぴったり?
> 私もこれ、比較的最近知ったもので、それまでは"gang of crows"だと、本気で信じてましたww
> 多分、ネイティブでも、こういう特殊なcollective nounsはあまり知られてないと思います。

そうなんだ。
同じ英語圏でも、国によって多少チョイスする単語が違うのかなぁ?
ほうほう。特殊なんだ!

> カラスと言えば、西洋においては不吉・疫病・死の象徴ですが、実は日本神話の中だと、「神の使い」という扱いらしいですよ。八咫烏、といえば、もしかして心当たりのある人もいるかも?
> …っていうか、これくらい日本人だったら誰でも知ってるのかしらorz

そうか!ルリちゃんに言われるまで全然気づかなかった!!
八咫烏は、サッカーの日本代表がなぜかワッペンにしてユニフォームに付けるようになって、知名度がグンとアップしたと思います。

そうだ。日本では「神の使い」の烏もいるし、「七つの子」の歌詞の烏もほのぼのしてる。
あまり怖い・悪いイメジじゃないですね〜。

> でも、コナン的に考えると、これも黒の組織にぴったりですよね。
> なにせ黒の組織 "...can be both of God and the Devil." ですから。
> 絶対偶然だけど青山さんGJ!

ルリちゃん!私にはそれが正解に思えてしかたありません!!
青山先生は絶対に偶然使ったんじゃないと思います。

これは〜〜!!
まぁ、どこかで既出かもしれませんが、記事にさせてね〜♪

> どうも横レス失礼しましたm(_ _)m

こちらこそ〜(笑)
はじめまして(笑)、こなんちは!

> こんにちは。え~と、つまらないことですが、ちょっと投稿です。
> 世間に疎い私はQきちさんのブログで初めて「モブ」という言葉を知りました。(他にも初めて知った言葉がたくさんあります。勉強になります。)

全然つまらなくないですよ〜〜!!
モブは映画の言葉だったかなぁ・・・ちゃんと調べてなくてすみません!
私が正しい言葉を使えているかどうか怪しいので、全部は信じないでくださいね〜(笑)

> ところで、私は、今、オーストラリアに住んでいます。オーストラリアは郊外に行くとカンガルー(正確には小型カンガルーのワラビー)を本当に簡単に見ることができます。夕方道路に出てきます。いろは坂で猿に会う確率よりも高いのでは。

オーストラリア!いいですねぇ〜♪
雄大な光景が目に浮かびます。
距離感も、時間の感覚も、日本よりずっとゆったりしていそうですね〜。

生ワラビー見てみたい〜♪
でも車で遭遇したら、事故りそうでこわいですね〜(◎_◎;)

> 子供は今、英語集中校に通っていて、私の知らない英語の基礎をいろいろ学んできます。日本語では物を数える時に数の後ろに「個」や「本」などの助数詞をつけますよね。物によって助数詞が変わってバリエーション豊かですよね。英語は集団を表す言葉のバリエーションが豊かなようです。(不勉強な私は今頃知りました。)

助数詞という言葉すら知らなかった・・・あるいは完全に忘れていた・・・Orz
私の方が勉強させてもらっていますよ!!確実に!!
英語は、そうなんですか!ホー!!

> 子供は、A pack of dogs. A school of fish. A bunch of grapes. など、20数種類習ってきました。
> その中で面白かったのが、A mob of kangaroos. です。カンガルーが人間っぽく見えました。

なんと!覚えるの大変そう〜〜!!
「めだかの学校」という童謡は、案外英語的な発想なんですね〜!?

モブ!なぜカンガルーがモブなんでしょう!?
しかもオーストラリアだけの言葉のはずですよね〜。
なぜモブなんだろう!アメリカやイギリスには、他に A mob of〜がいるのかしら!?

うわぁ〜面白い!!ありがとうございました!!

> 他に面白いのは、A gaggle of geese. いかにもうるさそうです。ライオンは今話題の単語を使って、A pride of lions. そして、なんと烏は、「A murder of crows.」だそうです!って、皆様にとっては常識だったかしら。。。?

じょ、常識ではありません、少なくとも私にとっては!!
なんとなんと!
ライオンのプライドはとてもピッタリですね〜。ほれぼれします。
原作では「傲慢」の英訳だったけど、「誇り」の方がしっくりくるので。

烏はなんで「殺人」なんでしょう〜〜!?
組織にピッタリすぎてこわい〜〜!!

なんとなく、組織名が「烏」に関係しているような気がしてきました!
ありがとうございました!!

コメントありがとうございました♪
またよろしくお願いします!
こなんちは!
その後いかがですか♪

私などは年はとっているものの、中身がサッパリ伴いませんので。(^^;
過分なお言葉、ありがとうございます。もったいないです。m(_ _)m

もしかして、日常会話がやや少なめな日々をお過ごしなのでしょうか。
コメントをするだけでもわりと気晴らしになりますので、お時間のある時にまた遊びにいらしてください♪

とはいえ、お返事が遅くて申し訳ないのですが!!m(_ _)m

本当に、ありがとうございました!!
Hな事はコナンだから。
相手が亡くなった奥様を最大に愛していたから。
少年サンデー
国崎出雲も月光条例も終わって寂しくなりました。
将棋の騎士とはまだ、気が付いて無いとは
こなんちは&はじめまして♪
同類の方を見つけてしまっていてもったっていられなくなってしまいました、ルリです。
まぁ、同類と言っても私はアメリカ在住なんですけど…まぁこの際外国ぐらしならばなんでも(笑)

Murder of crowsって強烈ですよね〜(笑)
コナン界ではカラス=黒の組織、ってわけですし、ある意味murderはぴったり?
私もこれ、比較的最近知ったもので、それまでは"gang of crows"だと、本気で信じてましたww
多分、ネイティブでも、こういう特殊なcollective nounsはあまり知られてないと思います。

カラスと言えば、西洋においては不吉・疫病・死の象徴ですが、実は日本神話の中だと、「神の使い」という扱いらしいですよ。八咫烏、といえば、もしかして心当たりのある人もいるかも?
…っていうか、これくらい日本人だったら誰でも知ってるのかしらorz

でも、コナン的に考えると、これも黒の組織にぴったりですよね。
なにせ黒の組織 "...can be both of God and the Devil." ですから。
絶対偶然だけど青山さんGJ!

どうも横レス失礼しましたm(_ _)m
こんにちは。え~と、つまらないことですが、ちょっと投稿です。
世間に疎い私はQきちさんのブログで初めて「モブ」という言葉を知りました。(他にも初めて知った言葉がたくさんあります。勉強になります。)

ところで、私は、今、オーストラリアに住んでいます。オーストラリアは郊外に行くとカンガルー(正確には小型カンガルーのワラビー)を本当に簡単に見ることができます。夕方道路に出てきます。いろは坂で猿に会う確率よりも高いのでは。

子供は今、英語集中校に通っていて、私の知らない英語の基礎をいろいろ学んできます。日本語では物を数える時に数の後ろに「個」や「本」などの助数詞をつけますよね。物によって助数詞が変わってバリエーション豊かですよね。英語は集団を表す言葉のバリエーションが豊かなようです。(不勉強な私は今頃知りました。)
子供は、A pack of dogs. A school of fish. A bunch of grapes. など、20数種類習ってきました。
その中で面白かったのが、A mob of kangaroos. です。カンガルーが人間っぽく見えました。
他に面白いのは、A gaggle of geese. いかにもうるさそうです。ライオンは今話題の単語を使って、A pride of lions. そして、なんと烏は、「A murder of crows.」だそうです!って、皆様にとっては常識だったかしら。。。?
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こなんちは!

> kitatomyを
> 登場させてくれて喜びましたよー

ふふふ。
あれは私のコナン推理熱の原点だから♪
\(^▽^)/
こなんちは!

> どうにか今週号のサンデーが見つかりました!
> しかし昨日の先週号を売っていたコンビニは、まだそのまま残ってました…。
> ヒネクレ者の私は、あえて店員にそれを告げず、いつまで残っているのか、
> しばらく観察してみることにしましたよww

よかったね〜〜!!
観察結果を楽しみにしています(笑)!

> ところでチュウ吉と由美さんは、めでたくハッピーエンドな感じでしたが、
> あのまま終わってしまっては困ります!
> 「七つ揃えてから開けて下さい」の封筒の中身が不明のままではないですか!

引っ張る引っ張る!!
第1局でちゃんと封筒のことを言ってたから、忘れてるわけじゃないから大丈夫!!
こなんちは!

>  最近はコミックス等の出費が激しくて、サンデーも立ち読みで終わらせることが多い睦月であります…(^_^;) なにせサンデー漫画のコミックスを三種類も買ってるからな〜(-。-;) Qきちさんのお子様の言うとおり、マギもなかなかおもしろいですからね♪

コナンとマギと・・・あとはなんだろう(笑)?絶チル?

>  名人シリーズはだいたい皆さんの予想通りでしたね。その「皆さん」に私は含まれてませんけれども… やっぱり私は漫画を読んで展開を楽しみ、ブログ探偵の皆様の考察を読んで「ああ、なるほど〜こういう考え方もできるのか〜」と共感するのが一番性に合っているようです。

今回は、検索!調べることが多かったように思います。
私も雑な感想を書いて、他の方の推理を読みに行く時が楽しいの〜〜♪

>  領域外の妹が笑ったのもすごくかわいかった♪ですが、個人的に「次兄安室派」な私はかなり複雑… どんでん返しを期待しています!

かわいかったですね!!
あんな風に笑うんだ!!とビックリしました。

私も複雑です・・・今回あまりにも「あからさま」な感じがするので、そこが逆にどんでん返しの突破口のような気もしなくもない・・・(ああ煮え切らない!!笑)

>  そして、そら☆さんがあげていた「赤井さんの指先コーティング」の伏線。あれは私も初めて気づきましたが、改めてコミックスを見直したらもう一つ別な伏線を見つけてしまいました!って言ってもう誰かお気づきだったら恥ずかしいですが…(/_;)
>
>  同じく58巻の「偽装」(キャメルとジョディが爆弾を処理しに行く話)で赤井が爆弾を鉢から取り出す時、指に当然のごとく土がついているのですが、それが指先だけ5本ともついてないのです。2〜3コマにわたり同じように描かれているのでもうこれは間違いないかと…! これを見たときは私も鳥肌たちました! つまり、青山先生はコーティングの伏線を複数にわたってちりばめていたってことですよね。本当に神です!

うぉおおお!!確認しました。
よく気づきましたね〜!!

ジョディが「爆弾?」って言ってるコマは、小さいけど明らかに不自然な指先ですね!!
青山先生、ホントに神だ〜!!
教えてくださってありがとうございました!!m(_ _)m

>  来週は表紙で、世良ちゃんの水着♪(^_^)v 本当に楽しみです♪ ビキニかな?それともセパレート?
>  ではこの辺でm(_ _)m

世良ちゃんはハーフトップと短パンっぽいのが似合いそう〜。
シマシマのハーフトップと黒の短パンっぽいの・・・

女性っぽいデザインだときっと違和感ある〜。
こなんちは!

> ありがとうございます(笑)
> あれはしびれましたよwwwwww
> 先生すっっっっっっっげーーーーーーーーー!!!!!!!!!
> ってなりましたwww

こちらこそ、画像入りで紹介してくださったので、ホントにズギューーーン!!でした!!
睦月ちゃんがコメントで教えてくれたコマも見た?
細かいけど、ジョディが「爆弾?」って言ってるコマは確実に不自然な指先だわ〜!!

> え〜。
> 本編の方は特に書くことないっす(笑)

そらちゃんが壊れていないか、心配でした。(^^;

> 最近は伏線の張り方がわりと素直で、『赤井の妹と思わせてほんとに妹』『バーボンと思わせてほんとにバーボン』 『公安と思わせてほんとに公安』『沖矢=赤井 と思わせてほんとに赤井』 ...。
> 特にひっかけもないので、そのままの流れでいけば羽田が次兄なんでしょうが。

そう、そうなんですよね。
ただ、先生の狙ったミスリードに、読者が引っかからなくなっているだけという気もします。

よくある「アオリ」や「柱」の編集者によるコメントは、一般読者へのミスリードを誘っているつもりなのだろうか!?
コナクラが、穿った見方をしすぎなのだろうか!?

「赤井の妹」は、顔が似過ぎだから、ミスリードのつもりもなかったのかなぁ(笑)。
バーボンは一応3択のミスリードを用意してくださってたし、読者の目が肥えただけかも?

公安にいたっては、慧眼の読者が登場当初からそう推理していたので、あとから出て来るヒントが裏付けになっただけだったし・・・

沖矢=赤井は名前で遊び過ぎ!設定で遊び過ぎ!
「先生がお好きなもので"違う"わけがない」と、「信じる者が当たり」だったわけで・・・

先生の「ガンダムネタは裏切らない」からすると、赤井と安室は敵対するもの同士なのは間違いない。
ああ〜先生が「アムロとシャアは敵同士でしょ?兄弟じゃないでしょ?」とかおっしゃったらどうしようwww

ちょっと呼吸が乱れてきましたハァハァ・・・

> 安室のクマは個人的には絶対無視できない伏線だと思うので、ほんとに羽田が次兄なら安室母と領域外の妹が姉妹なのかと思いますが。

安室のクマは、原作時に私でも気づいたくらいですからねぇ〜。
重大な描き間違いなら、コミックスで訂正されるかなと思ったけど・・・

(私は最近"三姉妹"説です)←小声で笑

> 羽田次兄としたら赤井家の全貌が私には本気で全く見えてこない...。
> 何もわからん...。
> お手上げです´д`
> もし万が一これが全部先生による全力のミスリードなら、羽田が本気でかわいそうなのでそろそろやめてあげてほしいです(笑)

羽田が次兄だったら、赤井家はあんがいほのぼのしてくるよね・・・

世良ちゃんが言う「笑わない人」が誰で、なぜ笑わなかったのかもヒントかなぁ。

謎の少女だとしたら
赤井父が亡くなって、身を隠すために「世良」姓に戻らざるを得なくなって、長男が家を出てアメリカでFBIになる決意をして、次男が日本で○○になりたい(棋士/公安)と言って日本人の養子になって家を出て、まだ幼い末娘だけが残った。

新蘭とのエピソードののち、謎の少女は"APTXなんたら"のせいで中学生くらい?もっと?まで若返る。
身を隠すため自ら?それとも人体実験などによる薬の犠牲?

笑顔を見せられなくもなるかも〜。Orz

あれっ?
私・・・(次兄考察から)逃げてる?(笑)
こなんちは!

> 緋色シリーズの頃は順当に売っていた少年サンデーですが、
> やはり二週連続の休載が響いたのでしょうか…また入荷が鈍っています。
> それでもかろうじて先週号は見つかりましたが、今週号はまだ見つかりません。
> 近所のコンビニで、やっと一冊発見!
> あれ?でもなんだか見覚えのある表紙だな?と思ったら、なんとそれは先週号!!
> 今週号の発売日に堂々と先週号が棚にあるって一体…
> つまり、入荷を忘れられたどころか、返本として回収するための在庫管理すら
> ロクにされていなかった模様。

という顛末をうかがって、ビックリ〜。
確かに、今週は私も、朝7時にラスト1冊のサンデーをゲットできてホッとしました。

ていうか、先週号は売れ残っていたんですね〜!

> 流石に先週号っていうのは、そのコンビニだけの問題だろうと思いたいけれど、
> 他の店にも見当たらないのは、もうどうしようもない気分。

今週号はあちこちでそんな話を聞きます!!

> たぶん、お天道様が由美さん好きの私に、由美さんのチューシーンを
> 見せないようにしているに違いないww
> ああ、そうなると来週の世良さんの水着姿も、お天道様は見せてくれないかも…

職場のそばのコンビニだったら絶対にあると思うんだけど。
誰が見ているかわからないところで、ズラっちさんの真の姿を見せたくはないんですね(笑)!?

> 追記:
> どうやら…やはり、由美さんの飼い犬である、スタとハチのことは
> すっかり忘れられている様子ですな。

佐藤さんの「家にも帰ってなくて」の確認が、家の人の証言からなのか、玄関まで行ってみたら新聞がたまってたからなのか・・・

でも忘れられてるってのが一番ありそうですね(^^;
ツッコんだら「ちょうど実家に預けたところだったことにしといて」とか言われそうwww
kitatomyを
登場させてくれて喜びましたよー
どうにか今週号のサンデーが見つかりました!
しかし昨日の先週号を売っていたコンビニは、まだそのまま残ってました…。
ヒネクレ者の私は、あえて店員にそれを告げず、いつまで残っているのか、
しばらく観察してみることにしましたよww

ところでチュウ吉と由美さんは、めでたくハッピーエンドな感じでしたが、
あのまま終わってしまっては困ります!
「七つ揃えてから開けて下さい」の封筒の中身が不明のままではないですか!
 こなんちは!

 最近はコミックス等の出費が激しくて、サンデーも立ち読みで終わらせることが多い睦月であります…(^_^;) なにせサンデー漫画のコミックスを三種類も買ってるからな〜(-。-;) Qきちさんのお子様の言うとおり、マギもなかなかおもしろいですからね♪

 名人シリーズはだいたい皆さんの予想通りでしたね。その「皆さん」に私は含まれてませんけれども… やっぱり私は漫画を読んで展開を楽しみ、ブログ探偵の皆様の考察を読んで「ああ、なるほど〜こういう考え方もできるのか〜」と共感するのが一番性に合っているようです。

 領域外の妹が笑ったのもすごくかわいかった♪ですが、個人的に「次兄安室派」な私はかなり複雑… どんでん返しを期待しています!

 そして、そら☆さんがあげていた「赤井さんの指先コーティング」の伏線。あれは私も初めて気づきましたが、改めてコミックスを見直したらもう一つ別な伏線を見つけてしまいました!って言ってもう誰かお気づきだったら恥ずかしいですが…(/_;)

 同じく58巻の「偽装」(キャメルとジョディが爆弾を処理しに行く話)で赤井が爆弾を鉢から取り出す時、指に当然のごとく土がついているのですが、それが指先だけ5本ともついてないのです。2〜3コマにわたり同じように描かれているのでもうこれは間違いないかと…! これを見たときは私も鳥肌たちました! つまり、青山先生はコーティングの伏線を複数にわたってちりばめていたってことですよね。本当に神です!

 来週は表紙で、世良ちゃんの水着♪(^_^)v 本当に楽しみです♪ ビキニかな?それともセパレート?

 ではこの辺でm(_ _)m


 

 
こなんちは!

>最近では、赤井の指先がコーティングしてあって、それが58巻の該当のコマにちゃんと表現してあったというのがズキューーーーーン!!!でした。
 調べてくださったそら☆さんに感謝です!!

ありがとうございます(笑)

あれはしびれましたよwwwwww

先生すっっっっっっっげーーーーーーーーー!!!!!!!!!
ってなりましたwww


え〜。
本編の方は特に書くことないっす(笑)

最近は伏線の張り方がわりと素直で、『赤井の妹と思わせてほんとに妹』『バーボンと思わせてほんとにバーボン』 『公安と思わせてほんとに公安』『沖矢=赤井 と思わせてほんとに赤井』 ...。

特にひっかけもないので、そのままの流れでいけば羽田が次兄なんでしょうが。

安室のクマは個人的には絶対無視できない伏線だと思うので、ほんとに羽田が次兄なら安室母と領域外の妹が姉妹なのかと思いますが。

羽田次兄としたら赤井家の全貌が私には本気で全く見えてこない...。

何もわからん...。
お手上げです´д`


もし万が一これが全部先生による全力のミスリードなら、羽田が本気でかわいそうなのでそろそろやめてあげてほしいです(笑)
緋色シリーズの頃は順当に売っていた少年サンデーですが、
やはり二週連続の休載が響いたのでしょうか…また入荷が鈍っています。
それでもかろうじて先週号は見つかりましたが、今週号はまだ見つかりません。

近所のコンビニで、やっと一冊発見!
あれ?でもなんだか見覚えのある表紙だな?と思ったら、なんとそれは先週号!!
今週号の発売日に堂々と先週号が棚にあるって一体…
つまり、入荷を忘れられたどころか、返本として回収するための在庫管理すら
ロクにされていなかった模様。

流石に先週号っていうのは、そのコンビニだけの問題だろうと思いたいけれど、
他の店にも見当たらないのは、もうどうしようもない気分。

たぶん、お天道様が由美さん好きの私に、由美さんのチューシーンを
見せないようにしているに違いないww
ああ、そうなると来週の世良さんの水着姿も、お天道様は見せてくれないかも…

追記:
どうやら…やはり、由美さんの飼い犬である、スタとハチのことは
すっかり忘れられている様子ですな。
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/01/18 450000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード