「STAND BY ME ドラえもん(3D)」を観て来ました。

・・・夏休みにですけどね(笑)!

だからもうあんまり覚えていないwww
熟成させすぎました(笑)!

当時、某方様に「ドラえもんを観た」と申し上げたら「ど、ドラえもん?!マジですか?!」と言われてしまいましたが・・・マジです(キリッ!)


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 大山さんの『ドラえもん』と共に育った世代としては、今年に入って相次ぐ訃報にただただ残念でなりません。
>
> 傍若無人なガキ大将でありながら、実は誰よりも友達思いで人情味あふれるジャイアン。勉強もスポーツもできる優等生でありながら、嫌味などまったく感じさせない完璧超人の出来杉くん。どちらも、『ドラえもん』を語る上で欠かすことのできない、素晴らしいキャラクターです。
>
> ジャイアンと出来杉くんのエピソード(大山さん時代)で、個人的に一番好きなのは、中編映画『のび太の結婚前夜』で登場した、大人になったのび太達。しずかちゃんを除くみんなで酒を酌み交わしながら、「もし、しずかちゃんを泣かせでもしたら、俺が承知しねえからな」、「幸せにしてあげてくれよ、のび太くん」と、それぞれの言い回しで祝福する二人。酔いが回って歌い出したジャイアンに「やめろ~、下手くそ~♪」と野次を飛ばしながらも、子供の頃とは違って楽しそうなのび太。そして、別れ際にジャイアンがのび太だけに聞こえるように呟いた、「なんでしずかちゃんがお前を選んだのか、何となくわかる気がするぜ」の言葉。大人だからこそのやり取りに胸が熱くなったのを、今でも覚えています。
>
> たてかべ和也さん、白川澄子さん、本当にありがとうございました。

ドラえもんも長寿番組ですもんね。
みんなが知ってる"声"がいなくなってしまうと寂しいですね。
でも、声優さんのお仕事はみんなの記憶にも記録にも残りますね〜。

『のび太の結婚前夜』
ドラえもんを子どもの頃から見て来た方は、一緒に大人になったように感じられるんでしょうね〜。
私は圧倒的にしずかちゃんとお父さんのシーンにほろりと来ます。
(もちろんお父さんに感情移入です笑)
大山さんの『ドラえもん』と共に育った世代としては、今年に入って相次ぐ訃報にただただ残念でなりません。

傍若無人なガキ大将でありながら、実は誰よりも友達思いで人情味あふれるジャイアン。勉強もスポーツもできる優等生でありながら、嫌味などまったく感じさせない完璧超人の出来杉くん。どちらも、『ドラえもん』を語る上で欠かすことのできない、素晴らしいキャラクターです。

ジャイアンと出来杉くんのエピソード(大山さん時代)で、個人的に一番好きなのは、中編映画『のび太の結婚前夜』で登場した、大人になったのび太達。しずかちゃんを除くみんなで酒を酌み交わしながら、「もし、しずかちゃんを泣かせでもしたら、俺が承知しねえからな」、「幸せにしてあげてくれよ、のび太くん」と、それぞれの言い回しで祝福する二人。酔いが回って歌い出したジャイアンに「やめろ~、下手くそ~♪」と野次を飛ばしながらも、子供の頃とは違って楽しそうなのび太。そして、別れ際にジャイアンがのび太だけに聞こえるように呟いた、「なんでしずかちゃんがお前を選んだのか、何となくわかる気がするぜ」の言葉。大人だからこそのやり取りに胸が熱くなったのを、今でも覚えています。

たてかべ和也さん、白川澄子さん、本当にありがとうございました。
こなんちは!

> 声優が大山のぶ代さんから水田わさびさんに交代して10年目。今年はドラえもんにとっても節目の年でした。大山さんの担当期間は26年でしたが、あっという間に10年が経ったという感じですね。

もう10年も経ったんですか!!
ビックリしました。

そういえば、次女が小1くらいの時に変更があったんでした。
次女が学校で「新しい声が楽しみ」と書いたら、先生にちょっと驚かれた(「今までの声じゃなくなる寂しさ」ではなかったので)思い出があります(笑)。

> 僕が見た話では(大山さん時代)、しずかちゃんの父親が「あの青年(のび太)は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。それが一番、人間にとって大事なことだからね」と言うんです。あまり登場機会のないキャラクターですが、この言葉は非常に印象的でした。

ありましたね〜。
大人になってから見たので、しかも結婚していたので、じんわり来ましたよ〜。
この3Dでも同じセリフを言っていたと思います(たぶん)。

しずかちゃんのパパは、どこでのび太を見ていたんだろう?!

> ドラえもんは基本ギャグの話が多いですが、時にドキッとする教訓や感動に出会えるので、大好きな作品です。中でも「おばあちゃんの思い出」と「帰ってきたドラえもん」は最高でした。

ドラえもんが長続きしているのもわかりますよね〜。
映画は娘がずいぶん泣いてました。

のび太が産まれた日の話はまた別のタイトルでしたっけ?
産まれた日の話と結婚前夜の話が印象的ですね〜私は。

もっと年を取ったら、「おばあちゃん」の方の目線で見られるんだろうな〜。
こなんちは!

> ドラえもんを見に行くとは攻めますね〜
> 子供連れじゃない大人の観客はどれくらいいたんですか?

おや、某方様じゃございませんこと(笑)!
ええ〜?CMで「大人も」みたいに言ってませんでしたっけ〜?!

私は娘二人と観に行きましたよ?これは「子ども連れ」にカウントするのかな(笑)?
上映時刻がやや遅かったので、リアル子どもはあまりいなかったかも〜(マジで笑)。
声優が大山のぶ代さんから水田わさびさんに交代して10年目。今年はドラえもんにとっても節目の年でした。大山さんの担当期間は26年でしたが、あっという間に10年が経ったという感じですね。

僕が見た話では(大山さん時代)、しずかちゃんの父親が「あの青年(のび太)は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことができる人だ。それが一番、人間にとって大事なことだからね」と言うんです。あまり登場機会のないキャラクターですが、この言葉は非常に印象的でした。

ドラえもんは基本ギャグの話が多いですが、時にドキッとする教訓や感動に出会えるので、大好きな作品です。中でも「おばあちゃんの思い出」と「帰ってきたドラえもん」は最高でした。
ドラえもんを見に行くとは攻めますね〜
子供連れじゃない大人の観客はどれくらいいたんですか?
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード