アニメ第762話「加賀百万石ミステリーツアー(加賀温泉編)」を見ました。

最近リアルタイムで見てないので、フリフリTVもできないし、電話も2回聞き漏らしました・・・(←これはリアルタイム関係なーい笑)。

うああああ
今年もあと残すところ2週間じゃないですか!!

なんか色々とできてません・・・
また来年に持ち越しかぁ・・・

ちゃんとできているのは、コナンくんを見ることだけですね(笑)!


ネタバレです。


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> ブログのURL貼らせていただきました~。

表示されなかったので、ここにコピペしますね〜。

http://lovecomedymystery.blogspot.jp/

感想の更新が早いなぁといつも感心しています♪

記事違いだけど、あの人が9年前の犯人のお父さんていうの、よかったなぁ!
私も妄想が膨らみます♪

> 越後湯沢って金沢と繋がってたんですか!?←
> 金沢って石川県ですよね、越後湯沢は新潟県…
> 富山県ひとっとびですね!!
> よく考えれば新潟県の上のほうでも秋田行きの特急とかありますし、山形県飛び越えてますねw

関東(中〜北部)から金沢を目指す場合、上越新幹線で越後湯沢で降りて乗換え、在来線の特急"はくたか"で、富山を経由して金沢まで行きます♪
長距離列車は、いくつもの県を越えて行きますね〜♪

> 秋山さんがかわいそうな事件でしたね(。´Д⊂)
> ただ、おっちゃんのオチが面白くて好きです。コナンくんが麻酔銃をうったあとの足湯のくだりも爆笑でしたww

(あっちもこっちも秋山さんですね!)
秋山さんはしっかりした女性なので、きっと自分にとっていい選択をして行くと思います♪
おっちゃんはもう、"オチ要員"ですかね〜(笑)!
いつも面白いので、たまにカッコいいとギャップ萌え〜♡です(笑)

> コナンくんさすがでしたね♪優作の息子♪
> ホントに最後の寝顔かわいかったですね!

コナンくんが書いた物語を読んでみたいですね〜♪
寝顔もごちそうさまでした、という感じでした♪
こなんちは!

> この手の暗号って、相手に意味がわかるように、でも犯人には解読されないように、その辺の線引きが難しいですよね。特に秋山さんは限られた条件の中で2つの意味を同時に、しかも即興で考えたわけで、本当にすごいと思います。

即興ですもんね〜。ホントに感心しました。
「犯人にはわからない」という自信はなかったと思います。
「犯人にバレた場合、彼がどういう行動をとるのか」は、予測の範囲を超えたのかな・・・(T_T)

> ちなみに「G+剣」の部分、正しい解答は「事件」でしたけど、剣を刀とみた場合でも「G+刀=強盗」と読めて、一応意味は通じると母が指摘してました。現実のツアーで最初から引っかけを狙って出題したのなら脱帽ですね。

おお!!お母さまも名探偵ですね!!
当初秋山さんが考えていた暗号よりよかったかもしれません!

> 冒頭部分は、「続けるの?」と一家全員で突っ込みが入りましたが、考えてみれば小五郎(とコナン)の目の届く範囲に全員がいてもらった方がよかったんですよね。確かに続けるのは不謹慎かもしれませんが、目を離した隙に証拠を隠滅されることはどうしても避けなければいけなかったので。

なるほど!そういう実利的な点もあったんですね!!
「警察に届けない」ことをなぜ小五郎が納得してるのか不明でした(笑)。
コナンならこういう「監視するため続ける」という選択肢も納得できます(笑)。

> そして最後は前編の意趣返しで、見事犯人(を含むスタッフ全員)をドッキリに引っかけました。コナンの言う通り、他に方法がないので苦肉の策でしたね。優作なら「もっとエレガントな手法」でやってくれたんでしょうけど(笑)。

優作なら!秋山さんが殴打される前に犯人の手を抑えたかもしれませんね(どんだけスーパーマンw)
なるほど、意趣返しでドッキリに引っかけ!!
このミスツアは騙し騙されなツアーになってしまいしたね!

> 事件に関しては、何とも後味の悪い結末でした。秋山さんが4年前の事件の真実を知った経緯は想像するしかありませんが、その気になれば警察に言うこともできたのに、あえて小五郎に話そうとしています。きっと、自首させて、罪が少しでも軽くなれば、まだ一緒にやり直すことはできると思ったんでしょうね。

最初は秋山さんは「共犯」だと思っていたんですよ〜。
彼を失いたくないという想いなのか、恐怖が強かったのか・・・
「逮捕」と「自首」では相当大きな差がありますもんね。
龍さんのおっしゃるとおりだと思います。

> 瑠璃っぺの事件でもそうでしたが、「犯罪者を庇って罪を隠すことは愛情じゃない」を信条とする小五郎なら、知ってて隠していた秋山さんを叱りはしても、「愛する人を見捨てたくない」という気持ちはちゃんと酌んでくれたはず。だからこそ、自分の保身しか頭にない犯人の行動には、正直がっかりさせられました。

そうですね!
こういう事件は「起きてる」小五郎ちゃんに、犯人を諭して欲しかったなぁと思います。
犯人はガタイの割に、ものすごく小心者なのかも。
小心者が保身に走ると、極端なのかもしれません。

> ところでコナン君、あの後、ズボンの裾についてはどう言い訳をしたんでしょう?(笑)。あと、高いびきの小五郎の横で、せっせとシナリオを描いてあげるとか、現代版「小人の靴屋」ですか。

ズボンの裾の言い訳!
どうしたんでしょうね〜。
小五郎が起きたときビックリしたでしょうね(笑)!

なるほど、コナンが代作してあげたのは、小五郎へのせめてもの罪滅ぼしだったのかも!!
(妙に納得してしまいました笑)
こなんちは!

> 賞品当たるといいですね。
> 倉西さんの事は忘れて
> もっと良い人と。
> 毛利探偵はどこまで
> もう、呑気とか天然のレベルじゃないし。

ありがとうございます♪
当たったらいいなぁ♪

自分を殺そうとした男ですからね〜
もうきっぱり忘れたらいいんですけどね。

小五郎ちゃんがあの性格だから、コナンはホントに助かっていますね〜(笑)!
こなんちは!
ズラっちさんも来年は行ってくださーい♪

このツアー企画の最大の難点は、一人では申し込めないことなんですよね〜。
一人から申し込めたら、どれだけ参加者が増えることか!!

> 暗号解読大正解でしたね。>Qさん
> 正解者には何かあるのかな?正解者の中から抽選で…だったら詰らないなあ。

ツアー参加者は、TVよりヒントがたくさんありますので(笑)。
抽選ですよ、もちろん(笑)。
みなみさんのサイン入り台本に応募しました。

> 犯人は場当たり的な直接攻撃しかしないと判断して、蘭に囮を頼んだんだろうけれど、
> 小五郎本人だったら、そうしなかったと思います、なんとなく。
> だから、コナンが小五郎の声を借りて、蘭にそうさせたのは少し心にひっかかります。

やっぱりそこが引っかかりますか〜。
私も小五郎ちゃんは、娘にそんなことはさせないと思います〜。

それ以外の手で犯人を追い詰めることはできなかったのか?
コートとカツラだけで、マネキン人形に代役をさせられなかったのか?

といっても、脚本的には蘭の空手の見せ場を作っただけだと思いますが(笑)。
こなんちは!

> 今回のミステリーツアー回、面白かったです(*^^*)
> 最近では貴重になりつつあるコナン、蘭、おっちゃんの3人も嬉しかったです♪
> とはいえアニメでは結構この3人はありますね。原作では珍しく今は3人ですが、昔に比べるとなくなったような気がします^^;

面白かったですね〜!
確かに、この3人組だけというのはもはやレア感がありますね〜。
「名探偵コナン」の「ベース」という感じがしているので、原作では無理でも、アニオリで定期的にこの3人のお話を作って欲しいなぁと思います♪

> ただ、いくら犯人を捕まえる為とはいえコナン(新一)が蘭を囮にしますかね?
> もちろん蘭の空手の実力を信じて頼んだんだろうけど、原作のコナンはあまりないような。
> あ、吸血鬼事件では蘭と和葉に頼んでましたね。

コナンの独断で蘭一人を危険にさらすというのは、ちょっと他に思い浮かばないですね〜。
旅先でのことでもあり、他に取る手だてがなかったのかもしれませんが・・・
やっぱりちょっと引っかかります〜(^^;

> 最後のコナンの寝顔可愛かったです♪
> しっかり優作さんの才能も遺伝してますね!

うふふ♪ランチの後に思わぬデザートをいただいた気分です(笑)♪
演出家さんか脚本家さんかわかりませんが「わかってる〜♪」と思いました。
あざといけど、だまされます(笑)!

コナンにストーリーを書かせるなんて、ホントにファンのツボを心得てるなぁ〜と思ったら、ルパコナの脚本家さんでした。
やっぱりあの方は、ツボを突くのが上手いです(笑)!!
こなんちはー!

ブログのURL貼らせていただきました~。

越後湯沢って金沢と繋がってたんですか!?←

金沢って石川県ですよね、越後湯沢は新潟県…

富山県ひとっとびですね!!

よく考えれば新潟県の上のほうでも秋田行きの特急とかありますし、山形県飛び越えてますねw

秋山さんがかわいそうな事件でしたね(。´Д⊂)
ただ、おっちゃんのオチが面白くて好きです。コナンくんが麻酔銃をうったあとの足湯のくだりも爆笑でしたww

コナンくんさすがでしたね♪優作の息子♪
ホントに最後の寝顔かわいかったですね!
この手の暗号って、相手に意味がわかるように、でも犯人には解読されないように、その辺の線引きが難しいですよね。特に秋山さんは限られた条件の中で2つの意味を同時に、しかも即興で考えたわけで、本当にすごいと思います。

ちなみに「G+剣」の部分、正しい解答は「事件」でしたけど、剣を刀とみた場合でも「G+刀=強盗」と読めて、一応意味は通じると母が指摘してました。現実のツアーで最初から引っかけを狙って出題したのなら脱帽ですね。

冒頭部分は、「続けるの?」と一家全員で突っ込みが入りましたが、考えてみれば小五郎(とコナン)の目の届く範囲に全員がいてもらった方がよかったんですよね。確かに続けるのは不謹慎かもしれませんが、目を離した隙に証拠を隠滅されることはどうしても避けなければいけなかったので。

そして最後は前編の意趣返しで、見事犯人(を含むスタッフ全員)をドッキリに引っかけました。コナンの言う通り、他に方法がないので苦肉の策でしたね。優作なら「もっとエレガントな手法」でやってくれたんでしょうけど(笑)。

事件に関しては、何とも後味の悪い結末でした。秋山さんが4年前の事件の真実を知った経緯は想像するしかありませんが、その気になれば警察に言うこともできたのに、あえて小五郎に話そうとしています。きっと、自首させて、罪が少しでも軽くなれば、まだ一緒にやり直すことはできると思ったんでしょうね。

瑠璃っぺの事件でもそうでしたが、「犯罪者を庇って罪を隠すことは愛情じゃない」を信条とする小五郎なら、知ってて隠していた秋山さんを叱りはしても、「愛する人を見捨てたくない」という気持ちはちゃんと酌んでくれたはず。だからこそ、自分の保身しか頭にない犯人の行動には、正直がっかりさせられました。

ところでコナン君、あの後、ズボンの裾についてはどう言い訳をしたんでしょう?(笑)。あと、高いびきの小五郎の横で、せっせとシナリオを描いてあげるとか、現代版「小人の靴屋」ですか。
賞品当たるといいですね。
倉西さんの事は忘れて
もっと良い人と。
毛利探偵はどこまで
もう、呑気とか天然のレベルじゃないし。
暗号解読大正解でしたね。>Qさん
正解者には何かあるのかな?正解者の中から抽選で…だったら詰らないなあ。

犯人は場当たり的な直接攻撃しかしないと判断して、蘭に囮を頼んだんだろうけれど、
小五郎本人だったら、そうしなかったと思います、なんとなく。
だから、コナンが小五郎の声を借りて、蘭にそうさせたのは少し心にひっかかります。
こなんばんは!

今回のミステリーツアー回、面白かったです(*^^*)
最近では貴重になりつつあるコナン、蘭、おっちゃんの3人も嬉しかったです♪
とはいえアニメでは結構この3人はありますね。原作では珍しく今は3人ですが、昔に比べるとなくなったような気がします^^;
ただ、いくら犯人を捕まえる為とはいえコナン(新一)が蘭を囮にしますかね?
もちろん蘭の空手の実力を信じて頼んだんだろうけど、原作のコナンはあまりないような。
あ、吸血鬼事件では蘭と和葉に頼んでましたね。
最後のコナンの寝顔可愛かったです♪
しっかり優作さんの才能も遺伝してますね!
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード