まじっく快斗1412 第20話「ダーク・ナイト」を見ました。

トムス版でもあったんでしたっけ。

30分の1話に納めるのはけっこう力技のような。(^^;

ネタバレです。


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> この日の夜、コナンでは……「まさか、ここまでとはな……」。

おお!!なるほど!同じ年ですもんね(笑)!
2月か3月のお話だったら、1ヶ月違いの13日の金曜日!?(←細かいwww)

> 細目(糸目?)の人が目を開けると、インパクトがありますね。「神妙にして、縛(バク)に就けや!!」の時の平蔵さんとか、ベルツリー急行での沖矢とか。

ああ〜〜!!平蔵さんもでしたね〜!
沖やんしか思い浮かびませんでした☆
そうですね!特別な感じがしますよね!!

> この話は2回とも1話にまとめられていて、今回は原作に忠実な流れでしたが、トムス版では最後の場面が改変されていました。トムス版の方がジャックの内面が描写されていて、個人的には好きかな。快斗の「ケンタのためにも、もうこんなことは終わりにしよう」という説得に対して、「ダメだ……あと少しなんだ……!」と後ずさったところへケンタの声が聞こえて……。

ああ〜!そうでしたっけ。
トムス版があったかどうかさえ、記憶が定かではありませんでした(^^;
1話だったんですか。なるほどなるほど。

トムス版はドラマチックですね〜。
起承転結がわかりやすく作られていたんですね。

> ナイトメアの手口は、「相棒」がいないとそもそも財宝が手に入らない。ただ働きじゃ誰も「相棒」になってくれないから、取引を持ちかけて「山分け」にするしかない。手に入ったとしても半分だから安く買い叩かれる。「士族の商法」という言葉がありますけど、犯罪者としては素人な彼にとっては苦肉の策だったんでしょうね。

ねぇ〜。
もっと上手い方法とか、なかったんでしょうかね〜。
まぁ、お話的には面白くなくなっちゃうけど。(^^;

> ジャックは仕事柄、奥さんの臨終に立ち会えなかったのかもしれないし、ケンタが施設暮らしなのを見ると、息子を信頼して預けられる友人もいなかったのかな。奥さんに先立たれて、次は息子も……という状況になって、余裕を失ってしまうのもわかる気がします。

ケアが必要な子どもを預けるとなると、限られたんでしょうね〜。
確かに、本当にお気の毒な境遇の方ですね。

> 本当は誰よりも誠実で、真っ直ぐな人なのかもしれないけど、だからこそ誰かに相談したり、他人を頼ったりできなかったのかな。最期も快斗が差し伸べた手(他人の善意)を掴むことができずに……。「治療の目処が立った」と伝えようとしたケンタの声が、結果的にジャックを死なせてしまうのがまた……。

なるほどなるほど〜。
ジャックの選んだ道は、後戻りできないし、誰かに言うこともできない。
今さら他人にすがることもできなかったんでしょうね〜。

ケンタを苦しめる事になるかもしれないと、わかっていたんでしょうけど、それしか取る道が無かったというのが悲しいです。

> 「ナイトメアと組んで無事に一夜を明かせた者は、溢れんばかりの幸福が与えられる」。そう噂されたナイトメアの最後の「相棒」となったキッドが、彼の遺体に向けて放ったのが「スペードのエース」(死、不幸の象徴)とは、皮肉な話です。タイトルの「ダーク・ナイト」(暗黒の騎士=スペードのジャック)とは、まさに彼のことだったのかもしれませんね。

おお〜!そこまで意味を見いだすとはすばるしい!!
本当ですね。まさに彼の事だったのかも。

なんとも異色のお話でしたね〜。
この日の夜、コナンでは……「まさか、ここまでとはな……」。

細目(糸目?)の人が目を開けると、インパクトがありますね。「神妙にして、縛(バク)に就けや!!」の時の平蔵さんとか、ベルツリー急行での沖矢とか。

この話は2回とも1話にまとめられていて、今回は原作に忠実な流れでしたが、トムス版では最後の場面が改変されていました。トムス版の方がジャックの内面が描写されていて、個人的には好きかな。快斗の「ケンタのためにも、もうこんなことは終わりにしよう」という説得に対して、「ダメだ……あと少しなんだ……!」と後ずさったところへケンタの声が聞こえて……。

ナイトメアの手口は、「相棒」がいないとそもそも財宝が手に入らない。ただ働きじゃ誰も「相棒」になってくれないから、取引を持ちかけて「山分け」にするしかない。手に入ったとしても半分だから安く買い叩かれる。「士族の商法」という言葉がありますけど、犯罪者としては素人な彼にとっては苦肉の策だったんでしょうね。

ジャックは仕事柄、奥さんの臨終に立ち会えなかったのかもしれないし、ケンタが施設暮らしなのを見ると、息子を信頼して預けられる友人もいなかったのかな。奥さんに先立たれて、次は息子も……という状況になって、余裕を失ってしまうのもわかる気がします。

本当は誰よりも誠実で、真っ直ぐな人なのかもしれないけど、だからこそ誰かに相談したり、他人を頼ったりできなかったのかな。最期も快斗が差し伸べた手(他人の善意)を掴むことができずに……。「治療の目処が立った」と伝えようとしたケンタの声が、結果的にジャックを死なせてしまうのがまた……。

「ナイトメアと組んで無事に一夜を明かせた者は、溢れんばかりの幸福が与えられる」。そう噂されたナイトメアの最後の「相棒」となったキッドが、彼の遺体に向けて放ったのが「スペードのエース」(死、不幸の象徴)とは、皮肉な話です。タイトルの「ダーク・ナイト」(暗黒の騎士=スペードのジャック)とは、まさに彼のことだったのかもしれませんね。
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/01/18 450000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード