アニマックス「工藤新一少年の冒険(後編)」を見ました。

なんというアニマックスの読みの深さか(笑)?!

今週から始まった、サンデー原作復刻版シリーズがこれなんですよね〜。

「工藤新一少年の冒険」というタイトルが印象的過ぎて、原作の2文字熟語タイトルを見ても、何だか全然わかりませんでした・・・(^^;
すいません・・・


チビ新蘭かわいいですね〜♡
全くの偶然なので、もう解決編の感想です・・・(^^;


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 優作のエピソードでは、アニメオリジナルの33話「探偵団サバイバル事件」が大好きです。この話が放送された当時、原作では優作はまだ出てきたばかりでした。アニメではこの話で初めて存在が言及されたものの、名前だけで顔もわかりません。それでも、優作の息子への想いが伝わる素敵なお話でした。

これ、たぶん私もアニオリで最も好きな話です!

> キャンプで河原にやってきた探偵団は、博士から宝物の在りかだという古い絵地図をもらい、宝探しを始める。偶然ゴールと同じ場所に宝石を隠していた強盗団と遭遇しながらも、何とか撃退し、宝物を発見することができた。
>
> その時、宝箱に入っていた手紙を読んだコナンは、それを書いた送り主が誰なのかに気付く。そこにあったのは、子供の頃から見慣れた、癖のある字で書かれた「Yusaku, K」の名前。後日、コナンは博士に事情を説明される。あの宝探しは、新一が大きくなったら友達と一緒に遊べるようにと、優作が考えた謎解きゲームだった。
>
> 話は、新一が生まれたすぐ後に遡る。発表間近だった優作の原稿が盗まれてしまった。優作のファンの仕業だろうと推測されたが、結局犯人は捕まらず原稿も行方不明に。その犯人は実はコナン達が遭遇した宝石強盗犯の仲間で、その原稿に入っていた暗号を参考にして宝石の隠し場所を決めていたのだ。
>
> ところで、優作は原稿の内容について誰にも明かさなかった。「たとえ戻って来たとしても、盗まれたものを発表するわけにはいかないから」と誤魔化し、未発表のまま封印したらしいのだが…。
>
> 逮捕された強盗犯の自宅を捜索した警察の手でようやく発見され、10年越しにコナン(新一)の手に渡った原稿。それは本当なら、ゴールの宝箱の中に収められるはずだったもの。コナンが食い入るようにそれを読み始めると、博士は気を利かせてその場を去る。なぜなら原稿の題名は…
>
> 「(「息子へ」が二重線で消されている) 我が息子、新一へ 工藤優作」
>
> …その内容は、親子二人だけの秘密である。

うわぁ〜!ありがとうございます。
ほとんど忘れていました。

私が覚えているのは、見つけた場所に工藤優作の名前があって、その下にコナンが自分の名前を書こうとして、ちょっと間があって「工藤新一」と書くところです。(アルファベットだったかな?)
初期のアニオリでこんなに新一の心に踏み込んだシナリオを書いてくれたんだなぁと感動しました。

でも前半のアスレチックは、小1にはハード過ぎでしたwww
優作のエピソードでは、アニメオリジナルの33話「探偵団サバイバル事件」が大好きです。この話が放送された当時、原作では優作はまだ出てきたばかりでした。アニメではこの話で初めて存在が言及されたものの、名前だけで顔もわかりません。それでも、優作の息子への想いが伝わる素敵なお話でした。

キャンプで河原にやってきた探偵団は、博士から宝物の在りかだという古い絵地図をもらい、宝探しを始める。偶然ゴールと同じ場所に宝石を隠していた強盗団と遭遇しながらも、何とか撃退し、宝物を発見することができた。

その時、宝箱に入っていた手紙を読んだコナンは、それを書いた送り主が誰なのかに気付く。そこにあったのは、子供の頃から見慣れた、癖のある字で書かれた「Yusaku, K」の名前。後日、コナンは博士に事情を説明される。あの宝探しは、新一が大きくなったら友達と一緒に遊べるようにと、優作が考えた謎解きゲームだった。

話は、新一が生まれたすぐ後に遡る。発表間近だった優作の原稿が盗まれてしまった。優作のファンの仕業だろうと推測されたが、結局犯人は捕まらず原稿も行方不明に。その犯人は実はコナン達が遭遇した宝石強盗犯の仲間で、その原稿に入っていた暗号を参考にして宝石の隠し場所を決めていたのだ。

ところで、優作は原稿の内容について誰にも明かさなかった。「たとえ戻って来たとしても、盗まれたものを発表するわけにはいかないから」と誤魔化し、未発表のまま封印したらしいのだが…。

逮捕された強盗犯の自宅を捜索した警察の手でようやく発見され、10年越しにコナン(新一)の手に渡った原稿。それは本当なら、ゴールの宝箱の中に収められるはずだったもの。コナンが食い入るようにそれを読み始めると、博士は気を利かせてその場を去る。なぜなら原稿の題名は…

「(「息子へ」が二重線で消されている) 我が息子、新一へ 工藤優作」

…その内容は、親子二人だけの秘密である。
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード