アニメ第783話「緋色の真相」を見ました。

緋色シリーズのラストです。

古谷さんが、ツイッターでタイトルを「緋色の真実」と間違えてしまい、ご自身で訂正しているなぁと思ったら、諏訪プロデューサーでさえ「緋色の真実」と間違えてツイートしていらっしゃいました(笑)!

確かに「真相」が語られるんだけど、確かに「真実」の方が胸に来るなぁ!


アニメの範囲内でネタバレです。
ムダに長いですwwwww


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 厚底靴万が一転んだら…
> そうはならずに済んで良かったけど。
> 庭については気にも留めてなかった
> 部屋の掃除、庭の選定も昴さんが?
> 新一がいない間、業者の人が?
> あの庭も家の中も広そうだし。

有希子さんは、女優としては完璧のような気がします。
きっと文句を言いつつ完璧に役柄をこなすんでしょう♪カッコイイ〜♪

昴さんは自分が入ってもいい場所だけ掃除してると思います。
あとは、まだたまに蘭が行って掃除してるのかな?
有希子が帰って来てた間は、有希子が掃除してたでしょうね〜。
業者も手配するとすれば有希子でしょうが、現在はやたらに他人を屋敷に入れていないと思います。
こなんちは!

> 質問ばかりですみません!

いえいえ。
私も「答えられる」わけではなく、単に自分の考えを述べるだけですので。(^^;

> そういえば遺体すり替えトリックはたしかコナンも一緒に考えたんですよね?死者への冒涜に対してコナンは納得したんでしょうか?
> そうでもしなければ自分達側の身が危険だからやむを得ずって考えなんでしょうかね?

コナンは組織の人間があのようにスパッと自決することは知らないはずなので、赤井さんが言ったのでしょうね。

今サラッとコミックスを読み返してみましたが、コナンの当初のプランは「遺体のすり替え」では無さそうです。
楠田の連絡手段をつぶして、どのように連絡を取るかを見極めて、楠田とすり替わろうとしていたっぽいです。
(たぶん身柄はFBIに拘束させるつもりだったのでは)

でも、赤井さんに組織のやり方を聞いて、楠田自決の可能性も考えていたのかな。

赤井が派手にカーチェイスを仕掛け、楠田が自決する直前、コナンは「赤井さんならこうなる可能性を読めてたはずだよね?」と言っています。

コナンだけの"希望"プランは、キールを組織に戻す→赤井がキールに殺される(キールの身の潔白証明のため必要)→赤井は殺されたフリをして潜る(車を崖から転落させるなど、遺体を回収できない状況でごまかす)だったのかなぁ・・・。(^^;

コナンが携帯に楠田の指紋を付着させたのは、楠田の指紋から身元を割り出して組織に迫る糸の1本にしたかったのか、または「楠田になりすます」上で使おうと取っておいたのか・・・具体的な方策はわかりませんが・・・

しかし、赤井の計画は最初から楠田を自決に追い込み、遺体のすり替えで自分が死んだことにするというものだったと思います。
そこはFBIで場数を踏んだ大人なので、コナン@新一少年とは非情さが全然違います。

そして事態は赤井の思惑通り、楠田が自決してしまったので(頭を打ち抜けと組織で言われているのかな)、コナンとしては急遽作戦を"非常時プラン"に変更したのでは無いかなぁ・・・。

赤井さんの計画はたぶんもっと力任せな、出たとこ勝負っぽいものだったんじゃないかと。

赤井はジンと直接対峙していないみたいだし、コナンの方がジンの怖さを知っていたのかな?!
なので細かく詰めて、ジンに疑われないように気をつけた結果「まさかここまで読んでいたとはな」になったのではないかと。(^^;
(コナンの"希望"プランの甘さと矛盾しちゃうかな?!)

さて、コナンが「遺体を使う」ことに対しての気持ちですが、これはもう、倫理的な部分では嫌な一件だったと思います。
月影島の事件と並ぶ、コナンのトラウマになっても仕方が無いと思います。

赤井さんと怜奈さんの命と、組織をぶっつぶすというコナンの宿願がかかっているから目をつぶれたのかも。

大和敢助さんだったらきっと、どこかに楠田のお墓を建ててあげている感じですよね。

というところですが、どうでしょう。
論理のアラには目をつぶってください(笑)。
こなんちは!

> こなんちは。今回はアニメならではの細かい描写がよかったですね~。私も銃を打つ前後あたりの赤井や工藤邸のFBI二人のリアクションにはかなりグッときました。あとはミストレの回想シーンが新しく書き下ろされていたのが個人的にかなり良かったです。作画も前よりかっこよくなってて赤井さんもしっかり映ってたので。
> 大満足の回でしたね。

良かったですよね〜♪
作画にかなり力が入っていたらしく、作画監督レベルの方が原画にゴロゴロいらしたそうです。
ありがたいことです♪

演出も、原作よりわかりやすいしよかったですよね〜♪
音楽や声や効果音や動きなど、アニメーションの力というものを、久々に堪能しました!
厚底靴万が一転んだら…
そうはならずに済んで良かったけど。
庭については気にも留めてなかった
部屋の掃除、庭の選定も昴さんが?
新一がいない間、業者の人が?
あの庭も家の中も広そうだし。
質問ばかりですみません!

そういえば遺体すり替えトリックはたしかコナンも一緒に考えたんですよね?死者への冒涜に対してコナンは納得したんでしょうか?
そうでもしなければ自分達側の身が危険だからやむを得ずって考えなんでしょうかね?
こなんちは!

> 赤井さんが公安に向かって発砲したシーン、左目をつぶってますね。左利きなら右目をつぶった方が狙いを定めやすそうな気がします…原作でも左目をつぶってました。

よく気がつかれましたね〜!
全然気がつきませんでした。
確かに、左利きが銃を構えたら、右目をつぶると思います。
原作でそうなら、アニメの間違いか、演出的にその方が見栄えが良かったとか、かな??

> あと、いくらFBIでも楠田の遺体を勝手に使っちゃったりして問題にならないですかね?遺体の損傷とか、死者への冒涜とか…

キールが「悪く思わないでね」と言ってるのは、まさに「死者への冒涜」の意味だと、連載当時から言われてました。
日本的な倫理観だとすごく引っかかりますよね。

たとえFBIでも、少なくとも日本では公にできない行為だと思います。
現実のFBIがアメリカでそういうことをやってないかと言ったら、なんとなくやっててもおかしくないんじゃないかという気が・・・
(映画でのムチャっぷりしか知りませんがw)

楠田の場合、「誰が」問題にするかですよね〜。
警視庁は「血痕の残った車」を確認していますが、遺体を確認していない。
とはいえ、高木刑事も不思議がるよりもっと捜査した方がいいような(笑)。

組織はもちろん公に楠田の行方を探さなかったでしょうし、楠田の死は闇から闇で気の毒です。
赤井のお墓がもし作られたなら、葬られたのは楠田ということになりますが・・・
こなんちは!

> いよいよ最終話でしたね!
> OPの有希子さんが可愛かったです!!

終わっちゃいました〜。
あの夫婦は得な役ですね〜!

> キャメルと赤井さんはいい感じの信頼関係があっていいですね~

キャメたんは自分の失敗をものすごく気にしているんですね。
赤井はそんなキャメたんの気持ちを汲んでいるんでしょうね〜。

> あとは、工藤邸がもう完全にお化け屋敷、というか洋館でさえもなくなっているような…

なんか工藤邸の外観の色も変わったような印象でした(笑)。

> ジョディ先生の点目がメガネと同化していて見えなかったのツボでしたww

あはは!ジョデキャメのギャグ顔シーンはレアですよね♪

> あの紅茶のトリックですね、解けたんですよ!!サンデーの時に!!
> まぁそんなにすごいことではありませんがその時の感動はまだ残ってます(笑)

いやぁ!すごいです〜♪
嬉しいですよね!!

> 最後の「ウソつき…」良かったですね~!!!!!
> コナンくんも安室さんも可愛くて、永久保存ですっ♪
> どうしても「降谷さん」って言えない…「安室さん」に慣れちゃってます
> あと「降谷さん」って言うと「果実が詰まった宝箱」の犯人を思い出しちゃうんですよね…

コナンと安室っちも「暗黙の了解」段階に入ったんですね〜。
最初に名乗った名前が深く浸透しますもんね。私も「安室っち」のまんまです(笑)!

おお!あの犯人。なんであの名字にしたんでしょうね〜?!
私はDragon Ashのボーカル?しか思い浮かびません(笑)。
お父さんは「古谷」だしwww

> もうすぐチュウ吉の話なんですね!あれ可愛くて好きです笑

楽しみですね〜♪
私もあのお話好きです。
由美さんは大変だけど、きっと由美さんファンが倍増しますよね♪
こなんちは!

> コナンのあの服、もしかして優作のお下がりでは?チビ優作があの服を着ていたと想像すると……(笑)。というか、優作はこれからしばらくあの「カワイイ(?)」感じでマスコミの前に出なきゃいけないのか?大変だな……。

いい品物は、長持ちしますからね〜♪
しかしあの服は有希子の趣味かも。
優作に化ける時にわざわざチョイスしたくらいなので(笑)♪
(でもDVDでは黒い蝶タイに(^^;))

日本のTVが優作(本物)にインタビューするシーンがあってもいいですよね(笑)!

> 「おば…(ギロ💢)…お姉さん」「新…(ギロ💢)…コナン君」のくだりは、やっぱり似たもの親子だな。昨日は完璧に誤魔化せたのに、こうもあっさりボロを出しそうになるとは(笑)。まあ、平次よりマシか。平次は「工藤」と言ってしまった時の誤魔化し方が、回を追うごとにザツになっていくという(笑)。

コナン@新一はやはり有希子さん似ですか!
確かに優作的なところは推理力しか感じられないかな(笑)?

平次はザツになっていますかwwwwwツボりましたwwwww

> 原作でも思ったけど、沖矢の姿とはいえ、赤井の有希子への態度が新鮮。本当に礼儀正しいんだなと。というか、普段の姿を見ていると、有希子の方が年上であることを忘れそうになる(笑)。それにしても、盗一(池ボイス)から有希子に受け継がれた技術が、赤井(池ボイス)を助けるとは、面白いものだ。

赤井(とわかって見る)×一般人の絡みって珍しいですよね!
有希子さんは年齢がない方なのでいいのです(笑)。

おお!!池ボ1→有希子→池ボ2
気づきませんでした!!

> 沖矢(赤井しゃん)と探偵団のやり取りが微笑ましい。横で唖然としているジョディとキャメルの顔がもう(笑)。今までの沖矢登場回を振り返ると、沖矢としての生活は、赤井にとってもいい影響を与えたのかな、と思いますね。あの立ち居振る舞いは絶対演技だけではないでしょう。というか元太、お前は少し遠慮しろよ(笑)。

なんとなく、年の離れた妹(世良ちゃん)と過ごせなかった日々を、探偵団諸君と取り戻しているかのような。
子どもたちといると「平和」を感じて安らぐのかな〜。

自分の作った物を喜んで食べてくれる人がいるというのは、嬉しいものです♪
(余裕があるならw)

> コナンは、沖矢(赤井)が新一=コナンだと知っていることを本人に確認したのかな?「工藤優作の未解決事件」で新一の声で蘭に電話しているのを見られたのは偶然だったけど、赤井になら知られてもいいやとか思ってそう。

領妹がお母さんで、縮んでいることを赤井が知っているなら、自力でコナン=工藤新一に到達できそうですね。

キール作戦のとき、病院の屋上で赤井を信用させるためにコナンが自分から話したのかな?と思っていましたが、 そんな事実があったら青山先生ならそう描いてくださるかな?とも思ったり。

今は「暗黙の了解」なのかなぁ?と思ってます・・・。

> とりあえず、「本当は組織の人間ではない」とわかった安室だけど、赤井との確執は残ったまま……。最後のやり取りを見る限り、コナンとなら良好な関係を築けそうだけど、FBIが絡むとなあ……。

安室っちは結局いい人なのだろうけど、あまりにも組織への潜入捜査官が多いので、できれば逆潜入(組織→公安)パターンも見たかったんですが(笑)。

コナンはそうは考えないのだろうか?!
次の安室vs赤井が楽しみですね〜!

> ところで、よくよく見ると工藤新一と赤井秀一って、結構共通点があるんですね。
> ・下の名前が「シ○イチ」、しかもイチは「一」
> ・推理力・捜査手腕が似ている
> ・黒の組織を追っていて、特にジンとの因縁が深い
> ・「銀の弾丸」として一目置かれている
> ・想い人(蘭・明美)を泣かせてしまった
> ・正体を隠すため、眼鏡キャラに変装
> ・意外と(?)オンチだったりして(原作者談)

下2つに笑いました!!
先生は何か対比させる意図があるのかもしれませんね。

銀の弾丸は、"組織は1発しかないと思って赤井を排除して油断していたらもう1発あった"的な展開なのかなぁ?

> ただ、そんな2人にも決定的な違いがある。異次元の狙撃手でも、さりげなく描かれています。沖矢(赤井)は最後の場面、犯人を殺す気でした。花火ボールの閃光で照準がズレなければ、確実に脳幹を撃ち抜かれて犯人は即死だったはず。そういう容赦のなさは、妹の世良にも共通しています。
>
> 一方のコナンは、どんな理由があっても犯人を死なせないように努める。こういうところが、「銀の弾丸は二発もいらない」と考えるベルモットが、赤井ではなく、コナン(新一)に期待している理由にも関わってそう。先生の中では、赤井は「もう一人のコナン」という位置づけなのかな。

赤井はアメリカ人でFBIであり、コナン@新一は日本の高校生だから、倫理観も優先順位も違うのでしょう。
世良ちゃんもそういう環境で育ったでしょうから、日本人よりもっと危機意識が高いでしょうし、その違い故に新一を「魔法使い」と言ってるのかも。
(子ども時代なので何とも言えないけど、普通なら見捨てられる命を救った上に問題解決した、とか・・・)

> 組織に関しては、ラム以外にもベルモットに新たな謎が。初登場から、ここまで本心が引っ張られるキャラも珍しい。一瞬出てきたピスコも、何か伏線があると勘繰ってしまう。だって、一度だけの登場だと思っていたテキーラが、ああいう形で再登場するなんて誰が思ったか。どうなるんでしょうねえ、この作品。

"組織は今大変な状況"らしいから、もうちょっとシッポを出してほしいですよね!!
ピスコやテキーラといった知ってる名前が出て来ると「繋がってる感」があって嬉しいです〜♪

先生はきっちり組み立てて描いていらっしゃらないそうなので、隙間を埋めるようにあとからエピソードを考えられるんですかね〜。
でも上手くいってますよね〜。

ただ、そろそろまとめにかからないと伏線全部は回収できないような(笑)。
こなんちは。今回はアニメならではの細かい描写がよかったですね~。私も銃を打つ前後あたりの赤井や工藤邸のFBI二人のリアクションにはかなりグッときました。あとはミストレの回想シーンが新しく書き下ろされていたのが個人的にかなり良かったです。作画も前よりかっこよくなってて赤井さんもしっかり映ってたので。
大満足の回でしたね。
赤井さんが公安に向かって発砲したシーン、左目をつぶってますね。左利きなら右目をつぶった方が狙いを定めやすそうな気がします…原作でも左目をつぶってました。

あと、いくらFBIでも楠田の遺体を勝手に使っちゃったりして問題にならないですかね?遺体の損傷とか、死者への冒涜とか…

いよいよ最終話でしたね!
OPの有希子さんが可愛かったです!!

キャメルと赤井さんはいい感じの信頼関係があっていいですね~

あとは、工藤邸がもう完全にお化け屋敷、というか洋館でさえもなくなっているような…

ジョディ先生の点目がメガネと同化していて見えなかったのツボでしたww

あの紅茶のトリックですね、解けたんですよ!!サンデーの時に!!
まぁそんなにすごいことではありませんがその時の感動はまだ残ってます(笑)

最後の「ウソつき…」良かったですね~!!!!!
コナンくんも安室さんも可愛くて、永久保存ですっ♪
どうしても「降谷さん」って言えない…「安室さん」に慣れちゃってます
あと「降谷さん」って言うと「果実が詰まった宝箱」の犯人を思い出しちゃうんですよね…

もうすぐチュウ吉の話なんですね!あれ可愛くて好きです笑
コナンのあの服、もしかして優作のお下がりでは?チビ優作があの服を着ていたと想像すると……(笑)。というか、優作はこれからしばらくあの「カワイイ(?)」感じでマスコミの前に出なきゃいけないのか?大変だな……。

「おば…(ギロ💢)…お姉さん」「新…(ギロ💢)…コナン君」のくだりは、やっぱり似たもの親子だな。昨日は完璧に誤魔化せたのに、こうもあっさりボロを出しそうになるとは(笑)。まあ、平次よりマシか。平次は「工藤」と言ってしまった時の誤魔化し方が、回を追うごとにザツになっていくという(笑)。

原作でも思ったけど、沖矢の姿とはいえ、赤井の有希子への態度が新鮮。本当に礼儀正しいんだなと。というか、普段の姿を見ていると、有希子の方が年上であることを忘れそうになる(笑)。それにしても、盗一(池ボイス)から有希子に受け継がれた技術が、赤井(池ボイス)を助けるとは、面白いものだ。

沖矢(赤井しゃん)と探偵団のやり取りが微笑ましい。横で唖然としているジョディとキャメルの顔がもう(笑)。今までの沖矢登場回を振り返ると、沖矢としての生活は、赤井にとってもいい影響を与えたのかな、と思いますね。あの立ち居振る舞いは絶対演技だけではないでしょう。というか元太、お前は少し遠慮しろよ(笑)。

コナンは、沖矢(赤井)が新一=コナンだと知っていることを本人に確認したのかな?「工藤優作の未解決事件」で新一の声で蘭に電話しているのを見られたのは偶然だったけど、赤井になら知られてもいいやとか思ってそう。

とりあえず、「本当は組織の人間ではない」とわかった安室だけど、赤井との確執は残ったまま……。最後のやり取りを見る限り、コナンとなら良好な関係を築けそうだけど、FBIが絡むとなあ……。

ところで、よくよく見ると工藤新一と赤井秀一って、結構共通点があるんですね。
・下の名前が「シ○イチ」、しかもイチは「一」
・推理力・捜査手腕が似ている
・黒の組織を追っていて、特にジンとの因縁が深い
・「銀の弾丸」として一目置かれている
・想い人(蘭・明美)を泣かせてしまった
・正体を隠すため、眼鏡キャラに変装
・意外と(?)オンチだったりして(原作者談)

ただ、そんな2人にも決定的な違いがある。異次元の狙撃手でも、さりげなく描かれています。沖矢(赤井)は最後の場面、犯人を殺す気でした。花火ボールの閃光で照準がズレなければ、確実に脳幹を撃ち抜かれて犯人は即死だったはず。そういう容赦のなさは、妹の世良にも共通しています。

一方のコナンは、どんな理由があっても犯人を死なせないように努める。こういうところが、「銀の弾丸は二発もいらない」と考えるベルモットが、赤井ではなく、コナン(新一)に期待している理由にも関わってそう。先生の中では、赤井は「もう一人のコナン」という位置づけなのかな。

組織に関しては、ラム以外にもベルモットに新たな謎が。初登場から、ここまで本心が引っ張られるキャラも珍しい。一瞬出てきたピスコも、何か伏線があると勘繰ってしまう。だって、一度だけの登場だと思っていたテキーラが、ああいう形で再登場するなんて誰が思ったか。どうなるんでしょうねえ、この作品。
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード