「ゆうじとライト~死別より哀しい出逢い~」(aithemathさん・作)を読んで♪

お友だちのaithemathさんが、ご自身のブログでお書きになった連載小説です。
コメントしてくればいいんだけど、実況のようにダラダラ長くなっちゃったので、我が家に置くことにしました。

なので、もしも、以下のなが~いつぶやきを読んでくださる方は、どうか、どうか先にaithemathさんの書かれたお話をお読みになってくださいね!

------------------------------------

  第一話
  第二話
  第三話
  最終話

------------------------------------

最終話までお読みになれましたか?
・・・お疲れ様でした♪

単なるつぶやきです・・・^^;がっかりしないでね・・・^^;;;


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> そのイラストは「"フサ"エ」と「髪,ふさふさ」を掛けてるのですねe-446

フサエがふさふさしてるわけじゃなくてアガサがふさふさしてるんですけどね!
このあとアガサはとてつもない心労に見舞われ、髪が真っ白になり、抜け落ちてしまったのです。

>(体育館) 「出入り自由」だった気がするんです.
> (pipe chares だと,一度 sit down したら stand up & get away しづらいというか…)

そりゃぁ自由だろうけど・・・劇の最中で席を立たれるのはくやしいなぁ・・・

> 「五線譜の五線のうち,暗号に関係ない四線の消失」というFlashでも良かったのかなと思ったのです.

どっちもいいかも。

> でも,じゃあ踏切で電車に轢かれるならば"宙に舞う"のか?というのも難しいですよね.

電車の正面の足元が空いているかカバーがあるかで違いそうです。

> "ご質問"ありがとうございます.
> 感想よりも嬉しく感じるものですね.

確かに(笑)!

> 《ゆうじを死なせる》
> それについては「命を大事にしてほしい」と登代子は言っていました(=言わせました(?)).
> それに対して稔は「違うような…」と言っていました.
> すなわち「違う」のです.
> つまり「府に落ちない」のです.

そう、ここに気づいたけど、そのまま最後までスルーだったよなぁ・・・と。

> これは,
> 《それほど登代子の心は不安定だった》ということを表現しているつもりです.
> 登代子には,
> 《自らの死への恐怖》,《稔と別れることと我が子に逢えないつらさ》,《子どもへの不安(=母子に死んでしまう可能性もゼロではない)》
> などの気持ちが入り混じっていたので《心が不安定》だったのです.

てことは、妊娠後に重い病?に気づいた/発見された事になりますよね。

元から、「出産は死のリスクが」とわかっていたら、子どもは諦めると思います。
でも、少しでも可能性があるなら、産みたいというのもきっとあります。
覚悟して妊娠したなら、上記3つの理由で不安定になったとしても、「ゆうじを死なせる」ことは「書けない」ような気がします。

> ここで特に2番目の《稔と別れるつらさ》を pick up します.
> 《稔と別れるのがつらい》のは《稔のことが好き》だからです.
> 稔のことが好きだから,登代子の「表紙が淡いクリーム色のノート」の作品は"稔がたくさん登場した"のです.

最後まで読む前、「稔一番カッケー♪」と思ってました。
でも「登代子が書いた物語」として読むと、「登代子から見た稔」の描写であり、生き生きとしてカッケーのは、書き手の気持ちが(理想かもしれないけど)入っているからなんだな、とわかりました。
「好き」だと言わせなくても行間からにじみ出る愛情、登代子から稔への長いラヴ・レターなのかな。

> そして,これから生まれてくる子どものことはまだ知らないから登場回数が少なかったのです.

男の子だとはわかっていた。二人で名前も考えた。(だって生まれてから考える時間がないかもしれないから)
小さい頃のことは書けなかった。かわいい盛りのことは考えると切なくなる。
そこに私はいるの?ゆうじを一度もだっこできなかったら・・・
やめよう。
稔と私が一番輝いていた時!(今もそれなりに輝いているけどね!)・・・を書こう!
ゆうじを高3にして、軽音の部長にして・・・私たちのときと同じ方法で告白させようか・・・
長くなったので後略^^;

> …実は第一話を書いたときはここまで考えていませんでした.
> 第二話以降,急に,彼らがよく動いてくれました.
> 見てて楽しかったです.

1ヶ月熟成したもんね(笑)
キャラ立ちしたんだね~!すごいです。

> 執筆という作業はまるで書記のようですね.

自動書記みたい。とりつかれたというか・・・^^;
「何かが降りてきた」とも言いますね。

> すみません.
> chare ではなくて chiar と書くそうです.
> 難しいe-350


あら珍しい。キミが間違えるとは・・・珍しくないか!(笑)

質問に答えてくださってありがとうございました。
そのイラストは「"フサ"エ」と「髪,ふさふさ」を掛けてるのですねe-446

こんにちは,aiです.

(gym × pipe chares)これは私も経験から(笑)。
ずーっと見てる人はしんどくない?


「出入り自由」だった気がするんです.
(pipe chares だと,一度 sit down したら stand up & get away しづらいというか…)

(Flashなくしてメッセージ完成)よくわからないけど、なんか複雑そう~

「五線譜の五線のうち,暗号に関係ない四線の消失」というFlashでも良かったのかなと思ったのです.

絵的には、ホーム転落はいただけません。
飛ぶ方がある種の美しさが感じられます。
滞空時間をスロモにして、ライトとの会話が成立します。
あくまでも“絵的には”ですが。


全く考えてませんでした.確かに転落は"早い"ですね.
でも,じゃあ踏切で電車に轢かれるならば"宙に舞う"のか?というのも難しいですよね.
ちょっと試してくrryレ(°▽°)フ三3三3

それより何より、なぜ登代子は“ゆうじ”を死なせることにしたのですか?
そこだけがストンと落ちてくれません。
よろしかったら、教えてください。


"ご質問"ありがとうございます.
感想よりも嬉しく感じるものですね.

最終話直後に簡単な「解説」は記事に書きました.
これは「普通に(1回以上)読んだら誰しもが気づく点」をまとめただけです.
それ以外の「気づく?気づかない?」くらいの微妙なものは書きませんでした.
聞かれてもないのに"作者が決めて与える"と,読者の感想や解釈に邪魔をすることになると思ったからです.

閑話休題

《ゆうじを死なせる》
それについては「命を大事にしてほしい」と登代子は言っていました(=言わせました(?)).
それに対して稔は「違うような…」と言っていました.
すなわち「違う」のです.
つまり「府に落ちない」のです.

これは,
《それほど登代子の心は不安定だった》ということを表現しているつもりです.

登代子には,
《自らの死への恐怖》,《稔と別れることと我が子に逢えないつらさ》,《子どもへの不安(=母子に死んでしまう可能性もゼロではない)》
などの気持ちが入り混じっていたので《心が不安定》だったのです.

ここで特に2番目の《稔と別れるつらさ》を pick up します.

《稔と別れるのがつらい》のは《稔のことが好き》だからです.
稔のことが好きだから,登代子の「表紙が淡いクリーム色のノート」の作品は"稔がたくさん登場した"のです.
そして,これから生まれてくる子どものことはまだ知らないから登場回数が少なかったのです.

…実は第一話を書いたときはここまで考えていませんでした.
第二話以降,急に,彼らがよく動いてくれました.
見てて楽しかったです.

執筆という作業はまるで書記のようですね.



すみません.
chare ではなくて chiar と書くそうです.
難しいe-350
こなんちは!

> (落研のポリシー)想像で勝手に書いてしまいました…

今はどうかわからないけど…すまそ。
高校の時友だちが落研作って、「名前だけ入ってくれ」と、頭数要員にされた、ユーレイ部員で~す♪

> (体育館×パイプ椅子)これは経験から立ち見だったような気がするんですよね…

これは私も経験から(笑)。
ずーっと見てる人はしんどくない?
あ…でもイチコの高校は椅子置かなかったかなぁ…(自信なさげ)

> (25年前のTi amo)一度時期を逃してしまうと,次はもっと大きなきっかけが無いとその話題にはならないものですe-456

そうですね~
それより大きなこと(観客前での大告白笑)がうまくいったので、その他のことは飛んじゃったのかな?

> (Flashなくしてメッセジ完成)「残りの4線を消す」というものでもよかったかもしれません.

よくわからないけど、なんか複雑そう~

> また,世の中には"evit"だけで解いてしまう少年もいるので,登代子がこれを解いても別におかしくないんです.

ニヤリ!!!
フッ…ツボをつかれてしまいました♪
じゃ、そゆことで♪
想う気持ちが強ければ、あっ!と閃くこともある♪
桶です♪

> (保守点検ミス)「ホームから転落して轢かれる」のほうが現実的だったでしょうか…

絵的には、ホーム転落はいただけません。
飛ぶ方がある種の美しさが感じられます。
滞空時間をスロモにして、ライトとの会話が成立します。
あくまでも“絵的には”ですが。

それより何より、なぜ登代子は“ゆうじ”を死なせることにしたのですか?
そこだけがストンと落ちてくれません。
よろしかったら、教えてください。
ありがとうございます.


落研って漫才やコントやるかなあ・・・けっこう落研ってポリシーあるんだよね・・・

そうですか?
想像で勝手に書いてしまいました…

体育館には普通パイプ椅子を並べると思うのだが・・・

これは経験から立ち見だったような気がするんですよね…

病室で「とよ、あれ(Ti amo)には気づいた?」って~!?
25年間話題にしなかったの??


一度時期を逃してしまうと,次はもっと大きなきっかけが無いとその話題にはならないものですe-456

でも、手描きの43「さにぃ」、どう見ても「さしご」でしょう!

人によるでしょう.

そしてこれをただの五線譜に描いたとして、線を一部分だけ浮き上がらせて脳内補完して、メッセジを完成させることはできるだろうか?

「残りの4線を消す」というものでもよかったかもしれません.
また,世の中には"evit"だけで解いてしまう少年もいるので,登代子がこれを解いても別におかしくないんです.

ちょ!なに、遮断機の故障???んなアホな!!!

「ホームから転落して轢かれる」のほうが現実的だったでしょうか…

ではe-348
この記事へコメントする













この記事へのトラックバック

名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード