サンデー21号FILE993「ちょー待て」を読みました。

ひゃ〜表紙!先週号と今週号は繋げられます。
かわいらしい平和だわ(笑)!

(今週号)

え?
なんて?
ほほを染めつつ
聴く平次


(先週号)

桜舞うなか、
和葉が
近づく・・・


上の句と下の句で歌になってたんですね!
かわいらしい〜♪

今週号にもついていたポストカードの裏面は呆れコナンでした(笑)!


さざ波シリーズのネームノート1000名にプレゼントとか、次号に「から紅の書」がつくとか、いろいろ情報が多過ぎて追いきれませんwww


サンデー非科研は今週も必見ですね!!
なるほど、ダイヤのジャックの件でしたか。

最初は千堂順司だっけ?あれがターゲット予定だったのか。
そして土門やすてるだっけ?に、なんとか変えることができた。
薬学部教授は偶然かやの外?
それとも意味アリ?
あの人が怪しいと、ずっと前から指摘してる人がいるのです。


さて、おめでたいことは別記事でお祝い申し上げたいと思います。



 +



シリーズ解決編です。
ネタバレです。



 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 私の住んでる所でもカッターシャツと呼びます。
> 関西に住んでませんけどね。
> 日本全国カッターシャツと呼ぶんだと思ってました。
> 劇場版の犯人の多くは死刑確定であろう
> 犯人ばかりですね。
> 殆どと言うか。

青山先生も「カッターシャツ」が通じなくて驚いたのかな、と思いました。
そういえばコナンではほとんど、犯人を裁くところまで描かないですね。
別の要素が入ってくるからでしょうかね。
私の住んでる所でもカッターシャツと呼びます。
関西に住んでませんけどね。
日本全国カッターシャツと呼ぶんだと思ってました。
劇場版の犯人の多くは死刑確定であろう
犯人ばかりですね。
殆どと言うか。
こなんちは!
お元気でしたか♪

> お久しぶりです!
> こなんちは!
>
> 関西では、Yシャツをカッターシャツと言うのですね。
> 知りませんでした。
> 沖田くん!ひょっとして、安室さんや世良ちゃんのようにわざと間違えた推理を披露してるんじゃないでしょうか?
>
> にしても蘭ちゃん強ーっ!!
> これはギネス新記録かも…
>
> 今回も告白ならず!
> 残念ですね(;_;)

YAIBAを読んでいないので、沖田くんの本来のキャラは知らないのですが、もしワザととぼけているならちょっと怖いですね!!

蘭ちゃんはどこまで強くなるんでしょうか(笑)!
「友だちのため」だと実力以上を発揮できるのかな!?

告白はいつどこでするんでしょうね〜♪
平次は場所やシチュエーションにこだわってきたけど、案外、昔懐かしい場所で、幼なじみの思い出に浸った時に、自然と口からポロッと出たりするんじゃないかと、ちょっと思いました♪

楽しみにしています♪
こなんちは!

> おっさん一人で観てきました~。
> 真犯人というか主犯は、今作は解り易かったですね。
>
> 本編ネタバレ無しの感想は、あれだけ和葉視点の内容だと、
> ある人物の存在が一切無いのが非情に不可解に感じました。
> そうです、和葉の母のことです。
> 父子家庭ではなかったはずで、今迄なら作者も「忘れてた」で構いませんが、
> 流石にあれだけの騒動に巻き込まれていて、父親は警察だから当然としても、
> 母親が会話の口端にすら出てこないのは、余りにも不自然じゃないですか。
> 逆に平次の母が関わってくるぐらいなのに…。
> まるで最初から存在しないかごとき扱いですよねえ~。

今作は脚本が今までで一番長くて、かなりカットせざるを得なかったようです。
でも、初見ですごく流れるように見ることができて、上手にまとめたなぁと思いました。

和葉の母に関しては、原作で「存在」しか出していないので、顔などは出せませんし、銀司郎さんも警察幹部として出ただけなので、たぶん和葉の家族サイドの描写はバッサリ諦めたんだと思います。

これで和葉の母が組織編に関わる重要人物だったら、青山先生にまた一本取られた〜と喜ぶと思います、私は(笑)!

> それとEDの実写シーンで、カルタを取り合う二人の内、
> 向かって左の人がみやむーに見えたのですけど、もしかしたら
> 中の人同士で本当に対戦したのかも。

見えましたか?
アニメに似せたビジュアルの人を選んだなぁ!と思いました!

エンドテロップで実写の出演者の名前も出ていますので、もしもう1回見る機会があったらご確認ください♪
私も確認したいと思います。
お久しぶりです!
こなんちは!

関西では、Yシャツをカッターシャツと言うのですね。
知りませんでした。
沖田くん!ひょっとして、安室さんや世良ちゃんのようにわざと間違えた推理を披露してるんじゃないでしょうか?

にしても蘭ちゃん強ーっ!!
これはギネス新記録かも…

今回も告白ならず!
残念ですね(;_;)
おっさん一人で観てきました~。
真犯人というか主犯は、今作は解り易かったですね。

本編ネタバレ無しの感想は、あれだけ和葉視点の内容だと、
ある人物の存在が一切無いのが非情に不可解に感じました。
そうです、和葉の母のことです。
父子家庭ではなかったはずで、今迄なら作者も「忘れてた」で構いませんが、
流石にあれだけの騒動に巻き込まれていて、父親は警察だから当然としても、
母親が会話の口端にすら出てこないのは、余りにも不自然じゃないですか。
逆に平次の母が関わってくるぐらいなのに…。
まるで最初から存在しないかごとき扱いですよねえ~。

それとEDの実写シーンで、カルタを取り合う二人の内、
向かって左の人がみやむーに見えたのですけど、もしかしたら
中の人同士で本当に対戦したのかも。
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード