ベルモット考(3) ちょっと寄り道?

なかなか進まない、このシリーズ。
書きたい事はいっぱいあるんだけど、まとめられない~~

とりあえず、単行本で順に追ってるところです。
今週と来週はサンデー原作がお休みなので、少しでも書けたらいいなあ~

さて今回はベルモットかどうかわからない人です。
「妃さん」説もあるくらい、誰だか謎の人物です。

37巻。板倉卓さんの事件です・・・

長いけど、最後はグダグダ(大笑)!!!
読んで時間のムダとなりませんように・・・(泣)m(_ _)m
笑って許してください(滝汗)



▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

とても長くなってしまうので、記事にさせていただきました♪

無断ですみませ~ん!!
こんにちは!

「高飛車な女性」…誰なんでしょうね…。
ベルモット、英理さん、第三者の他に猫で引っ掛かってくるのが由美さんだったりするんですよね…。でも、「猫の鳴き声」は確定ではないかも?板倉さんがそう思っただけで他の「音」とも考えられますよね…。

板倉が依頼されていた事、灰原が関わっていた研究…。
どちらも「命」に関係あるのかもしれませんが、まだまだ分かりませんよね…。
「病気」については凄く納得です!

ベルモットについては、私もベルモットがシャロン=クリスなのか、シャロン≠クリスなのか判然としません…。ただ、クリスは本当にいるのではと思っています。

シャロンが若返ったのを前提に考えると、いつ若返ったのか…。1年前のNY事件で有希子と会った時、ラディッシュ警部に変装してました。そして、顔のマスクをビリビリ…。もしこの時点で若返っていて、特殊メイクなどで「シャロンを演じていた」とすると、特殊メイクが取れそうです(特別な道具を使っていたり工夫していたら別ですが)。あの時のパフォーマスンは「本物の顔です」と暗に言っていたのかもしれません。ですので、シャロンが若返ったのはその後かもしれません(ただ、髪が本物だとして、1年であんなに伸びない…)。
クリスですが、有名女優に突然娘が現れたら、話題になりそうです。シャロンの話題が出た時(NYでも中華料理店でも)、そういう話は見受けられません。しかも、クリスは芸能界に入っています。実際クリスが存在しておらず、シャロンが若返っただけであれば、クリスは芸能界へは入らないのではないかと…。注目を集める場所ですし、何かと厄介です。なので、クリスは実際にいるのかなと…。
ではクリスはどこに?となりますが、組織の監視下にいるか、軟禁・幽閉されている可能性が出てきます。その為、ベルモット(シャロン)はどうする事もできず命令に従っていた(元々犯罪を善しとしない人なら苦悩はどれ程か…)。しかし、NYで新一や蘭と出会い、一筋の光が見えたのかもしれません。

他にもNY事件時にクリスが組織にとって厄介な事をやり、クリスを助ける代わりに赤井暗殺をさせられ、失敗に終わった事で薬を飲み若返ったとか、ベルモットがクリスで、NYの通り魔もクリス(厄介な事をした為、させられた、又はすでに組織に所属しており命令でやったなど)であり、その様子をシャロンが見ていた…とも考えられます。

シャロンが若返ってクリスになっていたとすれば、それをしるのはほんの一握りでジン達はその事実を知らず、「クリス」として接しているのかもしれません。ですから、どこから綻びが出てくるか分からないので「A secret makes a woman woman」なのかもしれません…。

長々とすみません!
これはただの戯言なので、聞き流して頂いても全然構いませんので!
この記事へコメントする













この記事へのトラックバック

名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード