コメントのお返事です 2

ずっと前のコメントにお返事シリーズ第2弾 m(_ _)m

snowさんは5/15に非公開コメントをくださっていたのですが、公開許可をいただきました〜。

お返事が遅くなりすぎまして、ごめんなさい!!

灰原の愛、についてでしょうか(笑)!?


 +


▼続きを読む

この記事へのコメント

こなんちは!

> 命あってこその人生です。明美さんが殺されたこともいいことなんですか?

明美さんは、なんと、「殺すつもりじゃなかった」そうです!!
そう、青山先生がおっしゃったそうです。
しかし、お話的には結局、ああいうエピソードになってしまったんですね〜。

「灰原哀」の設定は、「名探偵コナン」の物語を深く、そして大きく広げるのにホントによく考えられた設定だと思います。
(けっこう後付けもあるような気もしますけど笑)
>「灰原哀」の設定は、青山先生の最高傑作だと思っております。

命あってこその人生です。明美さんが殺されたこともいいことなんですか?

あけましてこなんちは!
お返事遅くなりました〜m(_ _)m

> Qきちさんや、ほかの方々の考えていることなども聞くことができ、みなさん本当にいろんなことをとても深いところまでこうさつされて、私もまた新たに考えることができました。
> 哀ちゃんの境遇、心情の変化というものは本当に考えるのは難しいですし、複雑で奥の深いものだなと再確認です!

マンガのキャラなんですけどね、まるで実在するかのようにみんな真剣に考えてくれてるんですね〜。
青山先生が「さすが」なんだと言うしか無いです〜。

> 最近の哀ちゃんはとても明るくなってきましたけど、これはやっぱり組織にいる時(もしかしたら組織に入る前からかもしれませんが)には感じることができなかった仲間や友達のあたたかさのおかげなんだなと・・・
> 博士や少年探偵団、蘭の存在も大きいかなと・・・
> そしてやっぱり一番はコナン=新一の存在ですよね。

そうですね〜!
蘭とコナン@新一の存在が別格なところはベルたんと一緒なんだなぁ〜と思うと、ベルたんがシェリーを敵視してるのがなんだか因縁めいて見えます・・・
灰原のとっての博士は、ベルたんにとって有希子かなぁ・・・!?

> 哀ちゃんが物語のラストでどういう運命をたどるかはわかりませんが、今はそういう人たちとの生活を大事にしてくれたらなとおもう今日この頃です^^

ホントにね〜!
今、平和な日常を描いていればいるほど、ラストのきっと壮絶だったり哀しいシーンが落差を感じるんでしょうね・・・
・・・なーんて、やっぱり私は離れた見方をしちゃってますね〜(笑)。
あけましてこなんちは!

> 灰原がこの日常を壊したくないというのもわかるんですけど、別に灰原はまだ18歳だしまだまだこれから友達もできるだろうし、恋人だってできるかもしれないし、幸せな日常を送ることはできると思うんです。
> もう今しか幸せな日常を送れないならわかるんですけど、組織が壊滅した後でもまだまだ人生を送れるわけですから。逮捕とかはわかりませんが多分ないでしょうし、そしたら普通に生活できますしね。
> それに博士との関係はずっと続けられそうですしね。
> だからそんな悲観的にならなくても大丈夫なんじゃないかなと思います
> なんだか上手くまとまらなくてすみません

宮野志保の生まれてから18歳までの生活を想像したら、彼女はとても将来に希望を持てないと思います。
組織のコワさを一番良く知っているわけだし、家族をみんな殺された(両親が事故死だと信じているとは思えません)わけだし。
私たち読者は、「主人公側」の勝利を信じているわけですが、灰原にはそんな確信はないわけです。
確信がないどころか、大切な人たちをまた失うかもしれないのですから、慎重にもなりますし、今の小さな幸せを失いたくないと思うのは、私にはとてもよくわかるのですが〜。
どうでしょうか??

もしかして、別HNでもコメントくださっていますか?
もしそうなら、アンチっぽいわけでもないので、別HNにする必要はないように思います。
もしよかったら、メインのHNで統一してみられてはどうでしょうか?
(もしもしって電話かよ!ってツッコまれそうですねww)

同じPCを共同で使っていらっしゃる別人さんだったらごめんなさい!
遅ればせながら、コメントさせていただきます。

私のコメントを記事にして、丁寧なお返事をしてくださりありがとうございました。

Qきちさんや、ほかの方々の考えていることなども聞くことができ、みなさん本当にいろんなことをとても深いところまでこうさつされて、私もまた新たに考えることができました。

哀ちゃんの境遇、心情の変化というものは本当に考えるのは難しいですし、複雑で奥の深いものだなと再確認です!

最近の哀ちゃんはとても明るくなってきましたけど、これはやっぱり組織にいる時(もしかしたら組織に入る前からかもしれませんが)には感じることができなかった仲間や友達のあたたかさのおかげなんだなと・・・
博士や少年探偵団、蘭の存在も大きいかなと・・・
そしてやっぱり一番はコナン=新一の存在ですよね。
哀ちゃんが物語のラストでどういう運命をたどるかはわかりませんが、今はそういう人たちとの生活を大事にしてくれたらなとおもう今日この頃です^^


あけましてこなんちは!

> 灰原が情報を隠しているのはコナンが心配だからという意見がありますが、自分はいまいちピンときません。
> なぜなら、コナンに情報を渡したからといって、渡してすぐ動くとは限らないからです。

なるほど。確かに限りませんね!!
ただ、今までのコナンの行動から、限りなく心配にはなると思いますw

> むしろ情報を渡すことにより、今までより組織のことがわかるし、作戦もたてられると思うんです。

そりゃそうですよね〜。
なんとなく、コナン一人ではなく、赤井も顔を揃えたところで灰原がしゃべっている図が思い浮かびました。

> コナンだって組織を倒すことがそう簡単ではないことくらい重々承知でしょうし、情報を得たとたんすぐ動くとは思えません。
> 敵を倒すには情報はとても大切なものなので早く言うべきだと思うんですけどね。

まだコナンワールドでは数ヶ月しか経っていないことと、ぶっちゃけ大人の事情でまだ最終決戦に行けないので言えないのでしょう(笑)。
そこは待つ覚悟ができております(キリッ!)。
むしろ、どのような状況で灰原が話し始めるのかを考えてワクワクしております♪
はじめまして、あけましてこなんちは!

> 私もルリさんと同じく灰原はまだ情報を隠していると思いますね~
> 元はコードネームをもらうほどの立場だったというのもそうですし、昔はちらほらと意味深なこともつぶやいていましたしね。(コナンにを見つめながらあなたは組織の半世紀前からの極秘プロジェクトに関わってしまっているとか心の中で思ってたりとか)

そうですね〜!
情報はまだまだ持ってますね〜!

> これは個人的にぼんやり思っていることなのですが、灰原は今の状態を出来るだけ続けたいのかもなと思ってます。
> コナンのことはもう今更恋愛へと発展させようとは思ってはいないと思います。それでも今のコナンに"工藤新一"とわかって接することができるのって両親と博士とたまに来る平次を除けば灰原くらいなんですよね。
> このポジションってすごくおいしいと思うんです
> 蘭は正体を知らないからどうしても"新一"と"蘭"として接せず"コナン君"と"蘭姉ちゃん"としてしか接することはできません
> 。それは蘭に限らず他のどのキャラクターも同じでみんな"コナン君"としてしか接することができないんですよね。
> でも今は灰原だけは身近な同年代の異性の中で唯一新一として接することができる
> たとえそこに恋愛はなくともある意味特別な存在になれているわけです。
> 今の状態ってある意味蘭よりも"新一"を独り占めできているとも言えるんですよね(灰原はそんなふうに思ってはいないと思いますが)

なるほど。
ざっくり言うと、灰原は今のポジションを維持したいから情報を出さずにいる、という感じでしょうか。

> 以前灰原はできるならこのまま小学生の灰原哀として生きていきたい、できるならあなた(コナン)と一緒にとも言っていました。
> あのときとはまた色々変わったとは思いますが、灰原の本当の気持ちはこれなんだと思います。

映画のセリフでしたっけ??
心底の本音はそれだと、私も思います。
でも、それではいけないということもわかっていると思います。

> そんな灰原からしたら今のこの自分だけが新一として接することができるという状態はおいしいと思うんですよね。

つまり「自分だけがコナン@新一と同じ境遇である」という状態ですよね。
コナン@新一にとっても、唯一自分と同じ境遇である「灰原」の存在はものすごく大きいと思います。

> だからなかなか組織のことを話さないんじゃないかと
> コナンが心配といっても唯一組織を倒せそうなのはコナンだけって結局はわかってると思うんです。どのみち遅かれ早かれやらなければならないなら早く情報を渡すべきなのにいつまでたっても隠してるのはやっぱりコナンとのこの関係をまだ続けたいからだと思うんですよね。

コナン@新一がいくら賢くても、所詮ただの金持ち高校生なのになぁ・・・
なんでベルモットはあんなに新一に期待しているんだろう?と思ってしまいます(笑)。

灰原は本当にコナンが組織を倒せると思っているんでしょうか?
倒そうと突っ走って、死んでしまうことの方が心配なんじゃないかな〜と思います。

そして情報も、いつ完成するかわからない解毒剤を作りながらでは、とても先に情報を出せないのではないかと思います。
読者はみんな10年以上待たされていますが、作中はまだ数ヶ月なので、そんなに出し惜しんでいるわけでもないと思いますよ〜(笑)

コメントありがとうございました♪
またよろしくお願いします!
灰原がこの日常を壊したくないというのもわかるんですけど、別に灰原はまだ18歳だしまだまだこれから友達もできるだろうし、恋人だってできるかもしれないし、幸せな日常を送ることはできると思うんです。
もう今しか幸せな日常を送れないならわかるんですけど、組織が壊滅した後でもまだまだ人生を送れるわけですから。逮捕とかはわかりませんが多分ないでしょうし、そしたら普通に生活できますしね。
それに博士との関係はずっと続けられそうですしね。
だからそんな悲観的にならなくても大丈夫なんじゃないかなと思います
なんだか上手くまとまらなくてすみません



あけましてこなんちは!

> 私も、哀ちゃんは蘭ちゃんのコトを恋敵ではなく、姉と重なる人(?)として見ていると思っています。
> まぁ最初の頃は自然に嫉妬?していた部分はあったかも知れませんけどね。
> 蘭ちゃんのコトを見ていた件も、勿論、憧れや姉と重なるからだとも思いますが、ちょっと嫉妬が入っていても可笑しくないと思います。(でも割合的に憧れの方が上!(笑))
> 好きな異性が別の女の子しか見てなかったら、そりゃあ嫉妬の一つや二つするもの(苦)
> でも、それはあくまで本能みたいな反応で、本心は姉と重ねていると思っています。

おお!若いお二人は灰原の蘭への気持ちは 嫉妬<憧れ と見ていらっしゃるんですね!
しかも 憧れ<姉と重ねる かな??
なるほど。
これは時期的に、だんだん気持ちがそう推移していったようにも思えます♪

> ついでに私個人の意見を言ってしまえば、哀ちゃんは蘭ちゃんのコトを一途に想う新一君のコトが好きになっていたらイイです!
> 勿論、バスジャックや杯戸シティホテルでの件も、哀ちゃんがコナン君に惚れるきっかけなんでしょうけど、まぁそこはゴニョゴニョゴニョ…←

そうですね〜。
最初はきっと、コナン@新一が自分を組織から救い出してくれる希望の星みたいな存在だったのかもしれませんが、恋敵である蘭のキャラを知るに至り、「そうね。そうやって一途に彼女を想うのが工藤くんなのよね」と、二人まとめて見守るポジションになってしまったようですね。
けっこうコナンの気持ちをからかったりしてますよね。
まだ「蘭を一途に想う新一を好き」という境地に至っているかどうかわかりませんが、二人まとめて見守っているなぁ〜とは感じます。

> そして哀ちゃんが組織の情報をコナン君から隠しているかどうかの件ですが…
> 絶対隠してます (断言!(笑))
> だってコードネームを貰った程上層部にいた人間なんだから、これで今まで話した程度しか知らないなんて詐欺です(酷)

ビックリするようなボスが誰なのかも、「倉吉」の秘密も、そもそも薬の目的も組織の目的も言ってませんもんね〜(笑)。

> でも、今言ったらもしかしたら探偵団を巻き込むかも知れない。蘭ちゃんを巻き込むかもしれない。
> もしかしたらコナン君自身が死んでしまう危険が出るかも(まぁ、コレはマンガ的にありえませんが…)
> だから言っていないんだと思います。

ですね〜!
周りの状況が整っていないというのはかなりありますよね〜。
せめて自分が阿笠邸を出ないと、周りに危機が及ぶ。
しかし阿笠邸を出るあてもない。
出たくない。

> APTXの件も同じです。
> だってあの男、解毒剤と聞いたら飲んで蘭ちゃんに合うコトぐらいしか考えないじゃん(酷#2)
> そんなコトをされたら死ぬかも知れないし、耐性で戻れなくなるかも知れない。
> まぁ耐性で戻れなくなるのはまだいいとしても、死んだら、ねぇ…?

もう〜ロンドン編がギャグにしか思えなくて困りました(笑)。
でもあんまり悲観的でなく、突っ走っちゃうのもコナン@新一の魅力なので、ま、いっか(笑)!

> 多分、哀ちゃんは理性ではこの『日常』がいつまでも続くものではないと認識していると思います。
> ただ、心の奥底では今の日常を自分の手で崩したくないと思っていると思います。

同意です。
いよいよ動く決意をしたときの作画を想像すると、身震いします♪

> 少し前は死と隣り合わせだった日々だった。
> だけど、ひょんなコトから手に入れた、普通の日常(…連日殺人が起こってる事はこの際目を瞑っておいてください;)
> しかも姉はこうゆう生活をしていたかもしれない。
> 可愛い友達がいて、本当の意味での保護者がいて、頼れる相棒がいて、姉と重なる人がいる。

連日殺人事件が起こる日常なのは、私も目をつむります(笑)。
明美ちゃんもたぶん6歳以降は、仮の保護者しかいなかったね〜。

> 哀ちゃんじゃなくとも、思わず浸りたくなりますよ。
> 私だったら絶対浸ってしまいます。
> しかも哀ちゃんには所謂『小さな幸せ』に免疫?見たいなのが殆どないと思われますから、更に抵抗しづらい。
> もう悪循環です。
> だから、最近『クール』とか『ミステリアス』な雰囲気が薄いんだと思います。
> 青山先生も、恐らくコレを意識して、哀ちゃんをワザとあからさまに変えているんだと思います。
> これからの展開に強弱をつけるために。

おお!すばらしい!同感です。
「幸せ」を描いておくと、のちの落差がより読者の胸に迫ります。
落差シーンは、アニメで音楽・林原さんの声が入ったら泣きます。

> …と、まぁこんな感じの考えを持っています。
> 以上、途中で『コレってブログに使えそう…』と思っていたルリでした(笑)

そうよ〜(笑)
ブログでたっぷり展開してください!!
でもありがとう!!
灰原が情報を隠しているのはコナンが心配だからという意見がありますが、自分はいまいちピンときません。
なぜなら、コナンに情報を渡したからといって、渡してすぐ動くとは限らないからです。むしろ情報を渡すことにより、今までより組織のことがわかるし、作戦もたてられると思うんです。コナンだって組織を倒すことがそう簡単ではないことくらい重々承知でしょうし、情報を得たとたんすぐ動くとは思えません。
敵を倒すには情報はとても大切なものなので早く言うべきだと思うんですけどね。

あけましてこなんちは!

> 灰原が誰かとペアになるとしたら、自分も赤井しかいないと思います(光彦に申し訳ないw)。

私も光彦はリアル無理だと思います(^^;

> でも明美の恋人だった男ですからねぇ、もし恋愛的なペアになるとしたら、そうなるまでに灰原も相当心の葛藤がありそうなので…それとは違う形かな…?

青山先生はそこまではお描きにならない、という自信はあります(笑)。
描くとしたら、「新しい保護者の赤井とアメリカに渡る」までだと思います。

> そして探偵団は、元太はうな重と結婚し(おい) 歩美ちゃんと光彦は…まぁ "ガキのころの恋愛は、はしかみたいなものだから" だそうなのでw大人になってからお互い良い相手を見つけるんじゃないかなぁ~。とりあえず円谷歩美になる展開はちょっと想像できませんw

妙にリアルで笑いました!!
元太は酒屋を継いで、うなぎ屋も併設すればいいと思いますww
美味しいお酒を出すうなぎ屋・・・っていいのか悪いのかわかりませんがww
円谷歩美は、私もないと思います。
(青山先生的にはアリかもしれませんが、笑)
歩美ちゃんはなんかすげーのをつかみそう(笑)。(いい方にすげーのを!!)
光彦は年上の・・・灰原似の雨宮さんとか(笑)!?(身近で済ませ過ぎww)

> 探偵団はずっと最高の友達、最強の幼なじみとして良い関係を気づいて行くと思います。

ですね!!賛成です!
アラサーになっても3人で飲んでそう。
歩美(客室乗務員)「聞いてよ二人ともぉ!昨日のお客さんがさぁ!!」
光彦(法医学者)「歩美ちゃん〜相変わらずですねぇ」
元太(うな重バー&コンビニ経営)「おめーらも変わんねえよな!二人とも独身なんだからもう結婚しちまえよ!!」
(元太は妻子持ち)
歩美「・・・いやーよ」
光彦「今さら・・・」

> そして世良はどうなるかなぁ、安室じゃちょっとタイプが違いすぎるよなぁ(笑)

世良ちゃんはまだ未知数ですね〜。
新一を心に秘めて一人かなぁ
瑛祐が出てくるってのも面白いかも〜二人とも性別を間違えられまくるとかw

> それと自分の勝手な想像ですが、灰原はもう解毒薬の完成品を作るすべを持ってる気がします。
> よくネットでも目にする伏線として、灰原は杯戸シティホテルの酒蔵に捕らえられたときピスコが置いていったPCから薬のデータを博士のMOにコピーし、話のラストで『ツナギに入れたMOは燃えてしまっただろう』と言いますが、その後の25巻file9でパソコンに向かう灰原のシーンに焦げたMOが描かれているので…。
> そのすぐあとコナンが新一の姿に戻れたのは白乾児とあのMOがあってこそのことだと思うのです。
> 灰原は『白乾児の成分をもとにして作った』としか言ってませんでしたが…。

焦げたMO!
私もそれをネットで知ったときは、思わず確認して鳥肌がたちました!
「もう完成している」という説も時々聞きます♪

ただ、「完成しているかどうか」は、飲んでみないとわからないように思います。
かなりのレベルには来ているのではないかと思います。
なにしろまだ「数ヶ月」しか経っていないので・・・

> 灰原初登場時、自身が関わった
> 施設は全部潰されただろうと言うことを灰原は言います。
> 組織の根城もわからない今の状況で、コナンに自分が知ってることを全て話すことも、解毒薬の完成品を渡して完璧に新一に戻ってしまうことも危険すぎるので、"組織の情報" も"解毒薬の完成品ができている(もしくはいつでも形にできる状況にある)"ことも黙ってるんじゃないかなと。
> そして"今のこの生活を壊したくない" という想いも灰原の心の奥底にはあると思います。

ですね〜。
組織のコワさを一番知っているのは灰原ですから、時期を見ているのは間違いないと思います。
しかも周りに次から次へと怪しい人が出て来て(沖矢、安室、世良・・・)、それどころではないという気もします。(^^;
私もルリさんと同じく灰原はまだ情報を隠していると思いますね~
元はコードネームをもらうほどの立場だったというのもそうですし、昔はちらほらと意味深なこともつぶやいていましたしね。(コナンにを見つめながらあなたは組織の半世紀前からの極秘プロジェクトに関わってしまっているとか心の中で思ってたりとか)

これは個人的にぼんやり思っていることなのですが、灰原は今の状態を出来るだけ続けたいのかもなと思ってます。
コナンのことはもう今更恋愛へと発展させようとは思ってはいないと思います。それでも今のコナンに"工藤新一"とわかって接することができるのって両親と博士とたまに来る平次を除けば灰原くらいなんですよね。
このポジションってすごくおいしいと思うんです
蘭は正体を知らないからどうしても"新一"と"蘭"として接せず"コナン君"と"蘭姉ちゃん"としてしか接することはできません
。それは蘭に限らず他のどのキャラクターも同じでみんな"コナン君"としてしか接することができないんですよね。
でも今は灰原だけは身近な同年代の異性の中で唯一新一として接することができる
たとえそこに恋愛はなくともある意味特別な存在になれているわけです。
今の状態ってある意味蘭よりも"新一"を独り占めできているとも言えるんですよね(灰原はそんなふうに思ってはいないと思いますが)
以前灰原はできるならこのまま小学生の灰原哀として生きていきたい、できるならあなた(コナン)と一緒にとも言っていました。
あのときとはまた色々変わったとは思いますが、灰原の本当の気持ちはこれなんだと思います。
そんな灰原からしたら今のこの自分だけが新一として接することができるという状態はおいしいと思うんですよね。
だからなかなか組織のことを話さないんじゃないかと
コナンが心配といっても唯一組織を倒せそうなのはコナンだけって結局はわかってると思うんです。どのみち遅かれ早かれやらなければならないなら早く情報を渡すべきなのにいつまでたっても隠してるのはやっぱりコナンとのこの関係をまだ続けたいからだと思うんですよね。
はじめまして、こなんちは!
お名前を出してしまいましたが、大丈夫でしょうか?

> 戸籍のない子も確か義務教育である小学校と中学校は通えたはずですよ。
> 高校からは通えなくなるはずです。

そうなんですか!
ご教授ありがとうございます!!
アニメのプロデューサーさんは、帝丹が公立だとおっしゃっていたのですが、園子の存在他で、私立にしか見えないように思うのですが・・・公立ならコナンも灰原も問題なく入れるのかな〜!?

> ずっと思ってたんですけど灰原って新一より年上なんですよね。なんで今同級生として小学校行ってるんでしょう
> アポトキシンはきっかり10歳若返るわけではなくだいたい10歳くらい若返るってことなんですかね

青山先生は「10歳小さくなったことにすればわかりやすい!」とおっしゃっていらしたように思います。
1話で新一が小さくなった自分の姿を見たときに「これは小1だ」とわかるとは思えません・・・

蘭に年を聞かれたときに、とっさに実年齢ー10で答えてしまっただけだと思います(笑)。
でも案外絶妙だったと、新一自身も気に入っているかも(笑)!?
「幼稚園児」だと行動範囲がかなりせばめられてしまいますからね〜!
(母としては、「小1」でもかなり心配ですが。笑)

灰原も、自分で「小1だ」と名乗れば「小1」なわけです。
なにも証明するものはないわけですから。

自分の子どもの頃の身長・体重と比較して「小2くらいだな」とわかったとしても、「小2」に編入するメリットは何もないですし、「コナンがいる小1」に入った方が心強いですから!

リアル子どもばっかりの中に入るのは苦痛だと思われます。笑
そう考えると、コナンは最初リアル小1の中によく入れたなぁ!と感心します。

> 個人的には蘭も灰原も好きなので二人が仲良くなったらいいなと思います。
> コナン絡みでの三角関係はあまり見たくないなというのが本音ですね。
> どっちのファンもいい気がしないんじゃないかな・・・と思います
> あまり恋愛絡みのゴタゴタは見たくないですね

映画がわりとコ哀っぽいので、気になっちゃいますよね。
でも原作の灰原はもう、蘭と「コナン@新一」を巡って張り合おうとは思ってないような気がします。
「志保に戻ったときに、同じく"戻った新一"と会っているところを蘭が目撃して誤解する」というのは考えられますが・・・(^^;
それを青山先生がチョイスするかどうか・・・(笑)!!


お気遣いありがとうございました。
こちらこそ、非公開でコメントいただいたのに、公開でお返事してしまいすみません。
不都合がありましたら、おっしゃってくださいね!

コメントありがとうございました♪
またよろしくお願いします!
ちょっとお邪魔させて頂きます、ルリです♪

私も、哀ちゃんは蘭ちゃんのコトを恋敵ではなく、姉と重なる人(?)として見ていると思っています。
まぁ最初の頃は自然に嫉妬?していた部分はあったかも知れませんけどね。
蘭ちゃんのコトを見ていた件も、勿論、憧れや姉と重なるからだとも思いますが、ちょっと嫉妬が入っていても可笑しくないと思います。(でも割合的に憧れの方が上!(笑))
好きな異性が別の女の子しか見てなかったら、そりゃあ嫉妬の一つや二つするもの(苦)
でも、それはあくまで本能みたいな反応で、本心は姉と重ねていると思っています。

ついでに私個人の意見を言ってしまえば、哀ちゃんは蘭ちゃんのコトを一途に想う新一君のコトが好きになっていたらイイです!
勿論、バスジャックや杯戸シティホテルでの件も、哀ちゃんがコナン君に惚れるきっかけなんでしょうけど、まぁそこはゴニョゴニョゴニョ…←

そして哀ちゃんが組織の情報をコナン君から隠しているかどうかの件ですが…
絶対隠してます (断言!(笑))
だってコードネームを貰った程上層部にいた人間なんだから、これで今まで話した程度しか知らないなんて詐欺です(酷)
でも、今言ったらもしかしたら探偵団を巻き込むかも知れない。蘭ちゃんを巻き込むかもしれない。
もしかしたらコナン君自身が死んでしまう危険が出るかも(まぁ、コレはマンガ的にありえませんが…)
だから言っていないんだと思います。

APTXの件も同じです。
だってあの男、解毒剤と聞いたら飲んで蘭ちゃんに合うコトぐらいしか考えないじゃん(酷#2)
そんなコトをされたら死ぬかも知れないし、耐性で戻れなくなるかも知れない。
まぁ耐性で戻れなくなるのはまだいいとしても、死んだら、ねぇ…?

うわ〜、かなり長くなってしまいましたね(°_°;)
う〜ん、尻切れトンボみたいですが、ココで切っちゃいます。
じゃないとまた原稿用紙3枚分の意見文を書いちゃう〜〜;(もう充分そうだ)
と、いうことで…

以上、ただひたすら同意しているルリでした!(別にいいよね;)

追記:そういえば、哀ちゃんの今の現状の認識は書いていないな〜と思って、追記して頂きます。

多分、哀ちゃんは理性ではこの『日常』がいつまでも続くものではないと認識していると思います。
ただ、心の奥底では今の日常を自分の手で崩したくないと思っていると思います。

少し前は死と隣り合わせだった日々だった。
だけど、ひょんなコトから手に入れた、普通の日常(…連日殺人が起こってる事はこの際目を瞑っておいてください;)
しかも姉はこうゆう生活をしていたかもしれない。
可愛い友達がいて、本当の意味での保護者がいて、頼れる相棒がいて、姉と重なる人がいる。

哀ちゃんじゃなくとも、思わず浸りたくなりますよ。
私だったら絶対浸ってしまいます(組織で働ける程の頭脳を持っていないと言うのはこの際無視です;)。
しかも哀ちゃんには所謂『小さな幸せ』に免疫?見たいなのが殆どないと思われますから、更に抵抗しづらい。
もう悪循環です。
だから、最近『クール』とか『ミステリアス』な雰囲気が薄いんだと思います。
青山先生も、恐らくコレを意識して、哀ちゃんをワザとあからさまに変えているんだと思います。
これからの展開に強弱をつけるために。

…と、まぁこんな感じの考えを持っています。
以上、途中で『コレってブログに使えそう…』と思っていたルリでした(笑)
灰原が誰かとペアになるとしたら、自分も赤井しかいないと思います(光彦に申し訳ないw)。
でも明美の恋人だった男ですからねぇ、もし恋愛的なペアになるとしたら、そうなるまでに灰原も相当心の葛藤がありそうなので…それとは違う形かな…?

そして探偵団は、元太はうな重と結婚し(おい) 歩美ちゃんと光彦は…まぁ "ガキのころの恋愛は、はしかみたいなものだから" だそうなのでw大人になってからお互い良い相手を見つけるんじゃないかなぁ~。とりあえず円谷歩美になる展開はちょっと想像できませんw
探偵団はずっと最高の友達、最強の幼なじみとして良い関係を気づいて行くと思います。
そして世良はどうなるかなぁ、安室じゃちょっとタイプが違いすぎるよなぁ(笑)

それと自分の勝手な想像ですが、灰原はもう解毒薬の完成品を作るすべを持ってる気がします。
よくネットでも目にする伏線として、灰原は杯戸シティホテルの酒蔵に捕らえられたときピスコが置いていったPCから薬のデータを博士のMOにコピーし、話のラストで『ツナギに入れたMOは燃えてしまっただろう』と言いますが、その後の25巻file9でパソコンに向かう灰原のシーンに焦げたMOが描かれているので…。
そのすぐあとコナンが新一の姿に戻れたのは白乾児とあのMOがあってこそのことだと思うのです。
灰原は『白乾児の成分をもとにして作った』としか言ってませんでしたが…。

灰原初登場時、自身が関わった
施設は全部潰されただろうと言うことを灰原は言います。
組織の根城もわからない今の状況で、コナンに自分が知ってることを全て話すことも、解毒薬の完成品を渡して完璧に新一に戻ってしまうことも危険すぎるので、"組織の情報" も"解毒薬の完成品ができている(もしくはいつでも形にできる状況にある)"ことも黙ってるんじゃないかなと。
そして"今のこの生活を壊したくない" という想いも灰原の心の奥底にはあると思います。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
この記事へコメントする













名探偵コナンカレンダー
お友だちのぶぷぶぷさんが作成した"コナンカレンダー"です!グッズの発売予定やTVなどの放映予定を、可能な限り網羅してあります!
"びいくり"にお越しいただきまして、ありがとうございます! 我が家はコメント認証制です。コメントが表示されるまで時間がかかりますが、ご了承ください。 ※コメントをくださる方は、「パスワード」欄に英数小文字を何文字か書き込む(覚えておいてくださいね!)と、ご自分のコメントを編集・削除できます。 よろしかったらお試しくださいませ♪ では「真実はいつも一つ!」
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Qきち

Author:Qきち
人生4コーナー・関東人のQきちです。
名探偵コナンLOVE♡
スリルとめるへんを求めて、年がいもなく今日も網界でもがき続けます♪♪

2017/06/04 460000ヒットありがとうございます!

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード